婦人病・婦人科病気とその症状、原因、治療について解説します。 女性特有のがん、腫瘍については早期発見、早期治療すれば完治する病気が多いのです。女医さんのいる婦人科情報も掲載中。

100子宮の病気

子宮筋腫が痛みの原因のケース

子宮筋腫とは子宮の筋肉の壁に腫瘤(しゅりゅう;こぶのこと)ができることをいいます。子宮の良性の「こぶ」です。

通常は20歳以下の若い女性にはほとんどできませんが、30〜40歳代になりますと増えてきて、40再前後がピークになります。小さいものも含めれば、30歳以上の女性の子宮筋腫の割合は約30%程度見つかるほどメジャーな病気ともいえます。

【発生場所】
筋腫の種類はは阿世の場所によって3種類に分類されます。

1.粘膜下筋腫
子宮の内側にできるものです。月経過多などの症状はおおきくでますが、サイズはそれほど大きくなりません。

2.筋層内筋腫
月経過多や月経痛などの症状はでますが、子宮の筋肉内に発生するものです。

3.しょう膜下筋腫
自覚症状はそれほどありませんが、サイズは大きくなることもあります。子宮の外側にできる筋腫です。

【症状】
この疾患の特長は急激な痛みや苦痛はなく、こまかい変調がいろいろ(月経過多、生理痛、頻尿、便秘、貧血など)現れるので普段の生活でのチェックが大切になります。

大きいものは触っただけで判別できますが、通常は超音波検査で診断します。
治療が必要なケースはそのうちの一部ですが、多くの場合は症状に気がつかないです。

とくに30歳代後半以降の方は以下の症状があるようですと、子宮筋腫を疑ってまずは医療機関の受診をオススメします。

子宮筋腫 痛み 症状 原因 治療

1.月経過多、月経痛
2.貧血
3.頻尿・便秘
4.流産
5.不妊
6.その他〜無症状
  *子宮の外側にできたときは無症状のことも多くあります。

【原因】
子宮筋腫が発生する原因についてはまだよく解明されていません。子宮筋腫の発生には女性ホルモンの分泌が密接に関係していると推定されています。その理由としてはこの疾患が初潮前と閉経後の女性には発生しないことがあげられます。

女性ホルモンの分泌が少なくなる更年期をむかえると、子宮筋腫はそれほど大きくなりませんし、新規に発生するということもありません。筋腫が小さいケースでは、さらに小さくなって消失することもあります。

【治療】
治療は漢方やピルによる薬物治療や手術がメインで行われます。
最近では筋腫に栄養を供給している血管を詰まらせたり、高周波の超音波を筋腫に当てて小さくしたりする最新医療も行われています。


◆子宮筋腫は病気です。備えあれば憂いなし女性なら誰でもなりうる病気、子宮筋腫。現在では30代の女性が子宮筋腫と診断されるケースも多いそうです。いざという時のために、子宮筋腫に対応した入院保険を検討しておくと良いと思います。管理人も実際、保険に入っています。
>>> その保険はコチラ・・・「友達が子宮筋腫と診断されて私も心配に・・・」


Žq‹{ŠïŒ`‚Æ‚Í

Žq‹{‚Ì•a‹C‚̂ЂƂ‚ł ‚é�yŽq‹{ŠïŒ`�z‚ɂ‚¢‚Ä‚¨˜b‚µ‚Ü‚·�B
�³�í‚ÈŽq‹{‚Í’·ƒiƒX‚̂悤‚ÈŒ`‚ð‚µ‚Ä‚¢‚Ü‚·‚ª�AŽq‹{‚ª“r’†‚Å‚Q‚‚ɕª‚©‚ê‚ăn�[ƒgŒ^‚É‚È‚Á‚Ä‚¢‚½‚è�A1‚‚̂͂¸‚ª2‚‚ ‚Á‚½‚è‚·‚é�ê�‡‚ª‚ ‚è‚Ü‚·�B
Žq‹{‚ÌŒ`‚ª–{—ˆ‚ƈقȂé‚à‚Ì‚ð‘S‚Ä�yŽq‹{ŠïŒ`�z‚ƌĂт܂·�B
�Ç�󂪂Ȃ¯‚ê‚ÎŽ¡—Â̕K—v‚Í‚ ‚è‚Ü‚¹‚ñ‚ª�A•s”D‚â—¬ŽY‚ÌŒ´ˆö‚É‚È‚Á‚Ä‚¢‚é�ê�‡‚Í�AŽè�p‚Å—]•ª‚È•Ç‚ðŽæ‚è�œ‚¢‚½‚è�A‚Q‚‚ɕª‚©‚ꂽŽq‹{‚ð‚P‚‚É�‡‚킹‚½‚肵‚Ä�A�³�í‚ÈŒ`‚É�®‚¦‚Ä‚ ‚°‚Ü‚·�B
Ž©Šo�Ç�ó‚È‚Ç‚Í‚È‚­�A‹ô‘R‚É’´‰¹”gŒŸ�¸‚ÅŒ©‚‚©‚éƒP�[ƒX‚ª‚Ù‚Æ‚ñ‚Ç‚Å‚·


�ŸŽq‹{ŠïŒ`‚ÌŒ´ˆö�Ÿ
�lŠÔ‚ÌŽq‹{‚Í�A‘ÙŽ™”­�¶‚̉ߒö‚Å�¶‰E‚̃~ƒ…ƒ‰�[ŠÇ‚ª–ü�‡‚µ�A’†Šu‚ª�Á‘Þ‚µ‚Ä�A‚ЂƂ‚̎q‹{‚ªŒ`�¬‚³‚ê‚Ü‚·�B
Žå‚É‚±‚̃~ƒ…ƒ‰�[ŠÇ‚Ì–ü�‡•s‘S�A’†Šu�Á‘Þ•s‘S�A‚ ‚é‚¢‚͕Б¤‚̃~ƒ…ƒ‰�[ŠÇ”­ˆç•s‘S‚É‚æ‚Á‚ÄŠïŒ`‚ª�¶‚¶�A‚±‚Ì•s‘S‚Ì’ö“x‚É‚æ‚Á‚Ä‚³‚Ü‚´‚Ü‚ÈŽq‹{‚ÌŒ`�iŠïŒ`�j‚ðŽ¦‚·‚Ì‚Å‚·�B

�ŸŽq‹{ŠïŒ`‚Ì�Ç�ó�Ÿ
‚»‚ÌŒ`‘Ô‚É‚æ‚Á‚Ä‚³‚Ü‚´‚Ü‚Å‚·‚ª�A–³�Ç�ó‚Ì�ê�‡‚ª‘½‚­�A•s”D�Ç‚â�KŠµ—¬ŽY‚ÌŒŸ�¸Žž‚É‹ô‘R‚É”»–¾‚·‚邱‚Æ‚ª‘½‚¢‚悤‚Å‚·�B

äT‚É’Ê‚¶‚éŒð’Ê‚ª‚È‚¢‹@”\�«Žq‹{‚ª‚ ‚ê‚Î�AŽv�tŠú‚ÉŒŽŒo‚ª”­—ˆ‚·‚é‚ÆŒŽŒoŒŒ‚Ì—¯ŒŒ�Ç‚ª‚¨‚«�AŒŽŒoŽž‚ɉº• ’É‚ªŒ»‚ê‚Ü‚·�B
”D�PŽž‚É‚Í‘ÙŽ™”­ˆç’x‰„‚ÌŒ´ˆö‚Æ‚È‚Á‚½‚è�A•ª•ØŽž‚É‚ÍŽq‹{Žû�kˆÙ�í‚âŽq‹{Œ`‘ÔˆÙ�í‚É‚æ‚é‘ÙŽ™‚̉ñ�ùˆÙ�í‚â�A•ª•Ø’âŽ~‚ÌŒ´ˆö‚Æ‚È‚é�ê�‡‚ª‚ ‚è‚Ü‚·�B

�ŸŽ¡—Â̕û–@�Ÿ
Ž¡—Â͎è�p—Ö@‚Ì‚Ý‚Å‚·�B
—¯ŒŒ�Ç‚ª‚ ‚é�ê�‡‚â�A�AŽq‹{ŠïŒ`‚ª•s”D�Ç‚â�KŠµ—¬ŽY‚ªŒ´ˆö‚Å‚ ‚é‰Â”\�«‚ª�‚‚¢�ê�‡‚É‚Ì‚ÝŽÀŽ{‚µ‚Ü‚·�B

‹|�óŽq‹{‚Å‚ÍŽq‹{’êŒ`�¬�p‚Æ‚µ‚Ä�@ƒVƒ…ƒgƒ‰ƒXƒ}ƒ“Žè�p�B
‘oŠpŽq‹{‚Å‚Í‚Q‚‚̎q‹{Šp‚ð‚ЂƂ‚Ɍ`�¬‚·‚é�@ƒWƒ‡ƒ“ƒY�EƒWƒ‡ƒ“ƒYŽè�p�B
’†ŠuŽq‹{‚Å‚Í’†Šu‚ð�Ø�œ‚·‚é�@ƒgƒ“ƒvƒLƒ“ƒXŽè�p‚ª�s‚í‚ê‚Ü‚·�B
’†ŠuŽq‹{‚ɑ΂µ‚Ä‚ÍŽq‹{‹¾‰ºŽè�p‚Ì�i•à‚É‚Æ‚à‚È‚¢�AŽq‹{‹¾‰º’†Šu�Ø�œ�p‚ª�s‚í‚ê‚é‚悤‚É‚È‚Á‚Ä‚¢‚Ü‚·�B


子宮体癌(がん)とは

子宮にできる悪性腫瘍の事を総称して子宮がんといい、婦人科系のがんのなかでは最も発生頻度が高い病気です。
子宮がんのひとつである【子宮体部がん】についてお話します。

◆子宮体部がんの特徴◆
主に40代〜50代に多い、子宮の奥の方の癌です。
生活スタイルの変化、食生活の欧米化によって近年急激に増えいます。
診断方法は、子宮の奥の癌検診です。子宮頸がんの検査と違い、子宮の奥まで検査器具を入れて細胞を取るので多少痛みをともないます。
治療はホルモンの大量投与、または手術が基本です。手術の後に化学療法や放射線治療を追加することもあります。

子宮体癌 痛み 症状 原因 治療

◆子宮体部がんと子宮頚部がんの相違◆
子宮は女性の骨盤の中央に位置している生殖器です。
子宮の出口付近(膣に近い部分)を子宮頚部と呼び、その部位に生じるがんの名称を、子宮頚部癌または子宮頸がん といいます。
子宮の上部、袋の部分を子宮体部と呼び、この部位に生じるがんの名称を、子宮体部癌または子宮体がんとして、同じ子宮がんでも区別しています。

子宮頚部がんに比べて、子宮体部がんの発生する率は少なく、以前は10%未満でしたが最近は子宮体部がんの患者さんが増加傾向にあります。
子宮がん全体の2割〜3割程度になってきました。
生活スタイルとの関係が高いとされており、 特に都心部で生活する女性で多く発生の
傾向です。

◆子宮体がんの症状◆
比較的初期のうちから不正出血が起こります。
「月経以外に不正出血が長く続く」、「閉経期のころに月経の上がりが悪い」、「閉経後に不正出血がある」といった場合は、子宮体がんを疑った
方がいいでしょう。この不正出血が、前がん状態のサインでもあるのです。

他に、排尿痛または排尿困難、性交時痛、骨盤領域の痛みなどの症状が現れることがあります。

このような症状が見られた場合には、すぐに産婦人科で検査を受けることをお勧めいたします。子宮体がんも他のがんと同様、初期であるほど治る率も高くなるので、早期発見・早期治療が一番大切になります。
自治体などの集団検診で行う「子宮がん検診」は通常、子宮頚部がんの検診を指しています。発症率の高い年齢に該当の方は、併せて子宮体部がん検診も定期的に受診された方が安心です。

◆子宮体がんの診断◆
経腟(けいちつ)超音波検査で子宮内膜厚の測定を行います。
子宮の中に細い器具を入れて子宮内膜の細胞診・組織診を行います。
診断が困難な場合は、子宮鏡検査や子宮内膜全面掻爬術(ぜんめんそうはじゅつ)を
行います。
その後、子宮体がんの診断が確定したら胸部X線検査、経静脈性尿路造影、膀胱鏡・直腸鏡検査、腹部超音波検査、CT、MRIなどで病変の広がりを調べていきます。

◆治療方法◆
若年女性の場合のごく早期の子宮体がんに対しては、妊娠の可能性を残す為、ホルモン療法が試みられています。

一般的には開腹手術を行います。
基本術式は、腹式単純子宮全摘と両側付属器(卵巣・卵管)切除となります。

子宮外(卵巣、腹膜、リンパ節など)にがんが進展していた場合は、術後に放射線療法や化学療法を行うことが多いのですが、ケースにより異なり、一概には統一されていません。


子宮頸がん(癌)とは

子宮がんはできる場所によって、子宮頸部にできる子宮頸がん と子宮体部にできる子宮体がんに分けられます。

子宮頸がんとは、簡単に言うと子宮の出口の癌です。
20代の女性がかかる癌の種類では一番多い癌です。セックスの低年齢化により、若い人に増えているのが特徴です。最近では仁科亜希子さんが子宮頸がん検査のPRで啓蒙されてますが、検診率が低い(20%)ことが問題となっています。

1年間で約16000人が新たにこの癌になっています。毎年2600人も子宮がんで死亡しています。
(1日に7人が死亡)
診断は子宮頸がん検診、あるいは郵送検査を受けるしかありません。治療は癌の進み具合により異なります。

早めに見つけることが出来れば子宮摘出などの悲しいこと にならずにすみますので、定期的に検査することが大切です。

>>> 郵送検診でできる子宮頸がん検査の詳しくはこちら

子宮頸癌(けいがん) 痛み 症状 原因 治療


◆子宮頸がんの特徴◆
子宮頸部(子宮の入口の部分)に発生する扁平上皮がんの一種です。
子宮の内部にできる子宮体がんとは、原因も種類も異なる。

子宮頸がんが他のがんと大きく異なるのは、がんになる前に発見できるということです。年に1回程度の検査により、早い内に発見、治療を行うことで、ほぼ確実に完治し、その後の妊娠、出産も可能となります。

◆子宮頸がんの原因◆
高リスク型HPV(ヒト・パピローマウイルス)という、ウイルスが原因です。高リスク型HPVは、性交渉によって感染します。正常に免疫力が働いている場合は、感染しても排除できるが、何らかの原因によって排除できなくなると、子宮頸がんへ進行する危険性が高まります。

◆ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染経路◆
性交渉により感染します。性交経験があれば誰でも感染の可能性があります。性交経験者の50〜80%は、少なくとも一度はHPVに感染していると考えられています。

◆子宮頸ガンの症状◆
初期の段階では目にみえないガンであるため、無症状です。
次の段階からは、性交後の出血、おりものの増量、不正出血などの症状が現れてきます。。
段階が進むと、不正出血に加え、腰痛、背部痛が出現する場合もあります。
また、子宮頸がんの周囲臓器への浸潤や遠隔臓器へ転移すると、痛みに加え、排尿障害、足のむくみなどの症状があらわれます。

◆治療◆
癌の進み具合により手術や放射線治療や化学療法が必要になる場合と、レーザー蒸散・円錐切除のみで済む場合に分かれます。

◆はじめての方でも簡単で確実、【子宮頸がん郵送検査
医師の直接採取と変わらない成績で自己採取
これで病院にいって恥ずかしい思いをしなくても大丈夫!
>>> 郵送検診でできる子宮頸がん検査の詳しくはこちら


子宮内膜ポリープ

子宮内膜ポリープとは、簡単に言うと子宮の中にできたポリープです。
ポリープとは粘膜から発育したイボを総称して言います。
超音波検査や子宮鏡検査で診断しまが、ほとんどが良性です。
稀ににポリープ状に発育する子宮体癌もあるので、悪性でないかの細胞検査による確認は必要です。
ホルモン剤で小さくするだけのこともありますし、不妊の原因になっている場合は、
ポリープを切り取る手術を行います。

◆子宮内膜ポリープの特徴◆
内膜がきのこ状に発育したもので、大きく長くなると子宮口の外まで出てくることもあります。

生理の量が増えたり、不妊症の原因となる場合もあります。
子宮の中にあるので簡単にとれにくい点が、子宮頸管ポリープと異なります。
画像では子宮内の悪性腫瘍と見分けがつきにくいために、子宮内膜の細胞診で悪性でないかを確認する必要があります。、

悪性でないことが確認できればそのまま様子観察になることも多いですが、麻酔をかけて子宮内膜をソウハしたり、子宮内に細い内視鏡を挿入して確認しながら切除する、という治療が必要になる場合もあります。

◆子宮内膜ポリープができる原因◆
「炎症や分娩、流産」からできる場合もありますが、卵胞ホルモン(エストロゲン)の影響からできる場合がほとんどのようです。

◆子宮内膜ポリープの形状◆
大きさは、小さいもので1センチ以下から、大きいものでは10センチを超える場合もあります。

子宮鏡検査で詳しく見てみると、周りに小さなポリープがいくつも存在していることが多いようです。

◆症状◆
症状が出ない人が多いようですが、生理の出血が増えたり、不正出血、重い生理痛、貧血を伴うこともあります。

◆診断◆
子宮卵管造影や超音波診断などの検査で、影が見える(欠損像が認められる)場合に、「ポリープか筋腫の疑いがある」と診断されます。

◆治療、摘出◆
ホルモン剤で小さくするだけのこともあります。
摘出手術は内膜掻爬(そうは)術と、子宮鏡下手術がありますが、日帰りで済む場合が多いようです。人によっては入院が必要なときもあります。

◆治療後の経過◆
原因である「エストロゲンの感受性」が改善されていなかったり、切除したときに根っこが残っていたりすると、ポリープを摘出しても再発することもあるので、注意が必要です。


子宮頚管ポリープとは

子宮頚管ポリープとは、子宮の出口にできた良性のポリープ(腫瘍)です。
子宮癌検診などで指摘されることが多いですが、簡単な手術で摘出可能。
腟の奥=子宮の出口を見たらすぐに診断できます。
症状がなければそのまま様子を見ることも出来ます。
治療する場合は外来で簡単に切り取ることができますが、痛みも少なく出血もわずかで、簡単に済みます。

◆子宮頚管ポリープとは◆

子宮頚部の入り口である子宮頚管の粘膜に、良性の腫瘍(ポリープ)ができる病気です。このポリープは膣の入り口に向かって垂れ下がるような形をしています。
自覚症状はない場合も多く、あっても痛みなどはほとんどなく、おりものが多かったりする程度です。
ポリープが大きくなると、血液が行き渡らなり組織が壊死し、不正出血することもありますが、治療(切断)は比較的簡単で日帰りで可能です。
しかしポリープが非常に大きくなった場合などには、入院が必要になる場合もあります。

◆子宮頚管ポリープの特徴◆
マッチ棒の頭くらいから親指の頭くらいの大きさもものがあり、通常1個のことが多いのですが、複数見つかることもあります。

◆原因◆
炎症性刺激などによって子宮頚部上皮が増殖することでできます。
ほとんどが良性ですが、稀に異形成や癌性変化のみられることもあります。

◆診断方法◆
直接子宮腟部を観察することにより、簡単に診断できます。(腟鏡診)
ポリープは粘膜と同じ色調かやや充血した軟らかい隆起物として認められ、触ると容易に出血します。
子宮内膜から出てくる子宮内膜ポリープなどの他の疾患とと鑑別診断が必要な場合がありますが、茎がどこから出てきているのか、腫瘤の硬さはどうなのかをチェックすることによって診断可能ます。

◆症状◆
通常無症状のことが多く、ほとんど自覚症状もない疾患です。
職場の検診等を受けた時に、たまたま見つかるケースが多いようです。
性行為の刺激により、接触出血といって不正出血をきたすこともあります。
◆治療方法◆
ポリープ茎の根本をねじり切ったり、切断したりして簡単に切除できます。切除に痛みは伴わず、麻酔も必要なく、わずか数秒で終了します。
良性の場合がほとんどですが、悪性でないことを確かめる目的で、念のため切り取ったポリープは病理検査に提出することになります。

◆治療後のケア◆
ポリープ切除後の1〜2日は少量の性器出血がありますが心配はいりません。当日の入浴はやめて、性行為も2〜3日は控えたほうが良いでしょう。

ポリープは炎症性刺激により発生するため、切除してもまた再発する可能性があります。年に1度は子宮癌検診をかねて産婦人科を受診し、新たなポリープができていないかどうかをチェックしましょう。


子宮腺筋症

子宮腺筋症とは、子宮内膜症が子宮の筋肉の壁にできた状態です。
筋腫と違い「こぶ」はなく、子宮の壁が全体的に厚ぼったくなります。
超音波検査やMRIなどで診断します。
治療としては手術の他に、痛みや出血を抑えるだけの対症療法・内膜症に対する薬物治療のいずれかがあります。

子宮腺筋症は強い腹痛が一番の特徴です。
月経時に子宮筋層の中に出血することで、子宮の筋肉に刺激を与え、それが非常に強い痛みの元になるのです。さらに過多月経になる傾向も見られます。

子宮腺筋症とは、通常であれば子宮内にある子宮内膜が、何かの原因で子宮の筋層の中へ入り込んでいくことで起きる疾患です。
通常は子宮内にある子宮内膜が、子宮筋層にもぐり込んでいる子宮内膜からも月経時に出血が生じます。

出血した部分が治るとそこに硬い組織ができます。そのために子宮の大きさが月経毎にだんだん肥大してソフトボールぐらいの大きさになることも。

子宮腺筋症により、貧血などの影響が出てきます。子供を希望する方にとっては不妊の原因となります。

子宮腺筋症 痛み 症状 原因 治療

◆子宮腺筋症の症状◆

発症年齢は30代後半から50代前半です。
月経痛、月経困難、性交痛、排便痛、過多月経、不正出血、貧血などが主な
症状になります。

◆診断方法◆

内視鏡検査・開腹所見で診るのが一般的ですが、よほどひどい場合でなければ、画像診断による方が主流です。
子宮ガンとの区別がつかない場合は血液検査を行う場合もあります。

よく使われるのが超音波診断とMRIです。これらの画像診断で特徴を見た上で診断を行うことになります。

◆治療

大きく分けると薬物療法と手術療法になります。

薬物療法では、まず痛みが強い場合が多いので鎮痛剤を投与します。
内膜細胞を増殖させるエストロゲンをブロックし、月経過多の症状や月経痛の緩和のために、ダナゾール(ボンゾール)、酢酸ナファレリン(ナサニール)、酢酸ブセレリン(スプレキュア)などホルモン療法を中心に用います。
月経過多による貧血予防のために、鉄剤を用いられます。

手術療法では子宮温存手術、子宮全摘手術、腹腔鏡下手術、子宮動脈塞栓術(UAE)、集束超音波治療(FUS)などがあります。

従来は子宮全摘手術がメインでしたが、この疾患は近年低年齢化傾向にあり、妊娠を希望する患者さんが増えているので、温存手術が増えてきています。
最近では新しい治療法として、子宮動脈塞栓術、FUS(集束超音波治療)も徐々に増えてきています。

UAEやFUSについてては自由診療ですので、費用が高額になってしまうのが問題であり、慎重に検討する必要があります。


子宮内膜症が原因であるケース

婦人科疾患が性交痛の原因として考えられるものとして子宮内膜症があります。

【症状】
よくある自覚症状としては、激しい月経痛や下腹痛(慢性骨盤痛)、不正出血、排便痛・性交痛などの引きつれるような痛みがあります。

初期には疼痛は月経時のみですが、症状が進行すると月経とは無関係に現れて、日常生活にも著しく影響して、就労や就学にも障害が増えていきます。

子宮内膜症 痛み 症状 原因 治療

【発症のメカニズム】
子宮の内側の粘膜は月経の時には出血しながらはがれて、排卵された卵子ともに体外に流れていきます。子宮内膜症とは、子宮の中以外の場所に子宮の粘膜と同じ組織細胞があることで、月経のたびにそこで出血が生じる婦人科疾患です。

簡単に言えば本来子宮内膜は自分の身体の中(=子宮の内腔)にあるものが、あるべき場所でない所にもそれが存在するという疾患ということになります。

出血の場所は、子宮の外側、子宮筋肉の内部、卵巣内部、直腸のまわりなどで生じます。月経血が卵管を通過、腹腔内に逆流、移植する等が原因とされてますが明確な原因はまだ充分には解明されてません。

子宮内膜症が悪化すると、癒着などが生じ、不妊症や卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)の原因になることもあります。

診断は超音波検査やMRIで行いますが、子宮内膜症という確定には腹腔鏡検査が必要です。


【問題は?】
婦人科の疾患の中でも子宮内膜症は一般的な病気とも言えます。子宮内膜症が一番多いのは30代の女性です。ただし20代くらいからも症状には充分に注意が必要といえます。 
ある調査によると月経のある女性のうち10人に1人は子宮内膜症とも言われています。

この症状の中心には「痛み」がある(生理痛、性交痛など)という点が最も問題といえます。子宮内膜症が原因となってあらわれる症状は意外と多岐にわたります。

さらに子宮内膜症は不妊症の原因にもなりうるということも、大きな問題の一つといえるでしょう。

【治療法】
治療方法には主にピルや黄体ホルモン療法などの薬物治療と手術があります。最近では患者数も急増中でかつ若年化しています。昭和40年代に比較しても患者数は3倍にも増えています。

子宮内膜症は女性ホルモン(エストロゲン)依存性の疾患です。そのため月経がある数が多ければ多いほど(妊娠・出産が減少、初潮年齢が早いほど)発育するといいます。

さらに環境ホルモン(ダイオキシン)の影響も疑われてます。(ダイオキシンは女性ホルモンと似た働きがある)


Žq‹{“à–Œ‰Š

Žq‹{“à–Œ‰Š‚Æ‚Í�AŽq‹{‚ɉ½‚ç‚©‚ÌŒ´ˆö‚Å�׋ۂª“ü‚è�AŽq‹{“à–Œ‚ɉŠ�Ç‚ð‹N‚±‚·•a‹C‚Å‚·�B�iŽq‹{“à–Œ�ǂƂ͈قȂé•a‹C‚É‚È‚è‚Ü‚·�j

Žq‹{“à–Œ‚ÍäT‰Š‚âŽq‹{èòŠÇ‰Š‚©‚çŽq‹{“à–Œ‰Š‚É”­“W‚·‚éƒP�[ƒX‚à‚ ‚è‚Ü‚·‚ª�A•�’ÊŒŽŒoŽž‚Ì‚½‚Ñ‚É‚Í‚ª‚ê‚Ä‘ÌŠO‚É”r�o‚³‚ê‚Ü‚·‚Ì‚Å�A‰Š�Ç‚ª‹N‚«‚邱‚Æ‚Í‚ ‚è‚Ü‚¹‚ñ�B

‚½‚¾‚µ�AäS“à‚Ì’ï�R—Í‚ª‰º‚ª‚Á‚Ä‘¼‚Ì‹Û‚ÉŠ´�õ‚µ‚â‚·‚­‚È‚é‚ƃuƒhƒE‹…‹Û�A‘å’°‹Û‚È‚Ç‚Ì‹Û‚â�A�«•a‚Å‚ ‚éƒNƒ‰ƒ~ƒWƒA‚â—Ò‹Û‚È‚Ç‚É‚æ‚艊�Ç‚ð‹N‚±‚·‚±‚Æ‚ª‚ ‚è‚Ü‚·�B

Žå‚È�Ç�ó‚͉º• •”‚Ì’É‚Ý�A�¶—�’É �A•s�³�oŒŒ‚Å—¬ŽY‚ÌŒ´ˆö‚É‚à‚È‚è‚Ü‚·�B

”S–Œ‚ɉŠ�Ç‚ª‹N‚±‚Á‚Ä‚¢‚Ü‚·‚©‚ç�A�«�sˆ×‚Å’É‚Þ�i�«Œð’É�j‚Æ‚¢‚¤�Ç�ó‚à‚æ‚­‚ ‚è‚Ü‚·�B



Page: 1

TOPPAGE  TOP 
  • SEO
  • loading
  • 婦人科病気・疾患と性交痛の原因
RSS2.0