婦人病・婦人科病気とその症状、原因、治療について解説します。 女性特有のがん、腫瘍については早期発見、早期治療すれば完治する病気が多いのです。女医さんのいる婦人科情報も掲載中。

200卵巣・卵管の病気

多嚢胞性卵巣症候群

女性の卵巣にはたくさんの卵細胞があり、平均して月にひとつずつ成熟し、排卵していきます。

多嚢胞性卵巣症候群とは卵胞が卵巣の中にたくさんでき、ある程度の大きさにはなるのですが、排卵がおこりにくくなるという病気です。
多嚢胞性卵巣症候群というのは名前が長いために、英語の病名のpolycystic ovary syndrome の頭文字をとって、PCOSまたはPCOと呼ばれています。


☆多嚢胞性卵巣症候群の原因
脳から分泌される黄体化ホルモンが増えることによって、卵胞の皮膜や副腎からの男性ホルモンが増えるのが原因とされていますが、まだまだ解明されていない部分がたくさんあります。

脳下垂体からは黄体化ホルモンと卵胞刺激ホルモンが出て卵巣に働き、卵胞の発育を促しますが、多嚢胞性卵巣症候群では、このうち黄体化ホルモンの分泌が増えて卵胞刺激ホルモンとのバランスが乱れ、卵胞がうまく発育できないようです。

排卵がおこらないと、排卵させようとさらに黄体化ホルモンの分泌が増えて
しまうため、乱れがますますひどくなるという悪循環に陥ります。


☆多嚢胞性卵巣症候群の症状
特徴的な症状は下記の通りです。

※排卵がおこりにくいことに起因する月経不順や無月経

※卵胞の中では男性ホルモンが作られるため、血液中の男性ホルモンが増加。これによって月経不順になったり、毛深くなることもある。

※黄体ホルモン分泌不全による月経過多や出血がとまらないなどの症状

※肥満


☆多嚢胞性卵巣症候群の治療
定期的に黄体ホルモンや経口避妊薬・ピルを服用、人工的に月経を起こして、子宮内膜をはがす薬物療法が行われます。

妊娠を希望する場合には、排卵誘発剤を使用します。効果がない場合は、レーザーや電気メスで卵胞をつぶす内視鏡手術を行います。


多嚢胞性卵巣症候群は子宮体がんのリスクが高くなる病気とも言われていますので、気になる症状がある場合は迷わず婦人科を受診しましょう。


—‘‘ƒŽîᇂƂÍ

—‘‘ƒ‚Í‘Ì‚Ì‚È‚©‚Å‚à‚Á‚Æ‚àŽîᇂª‚Å‚«‚â‚·‚¢‘ŸŠí‚È‚Ì‚Å‚·�B

—‘‘ƒ‚Í�AƒA�[ƒ‚ƒ“ƒh‚Ì—±�`�eŽw‚Ì�æ‚®‚ç‚¢‚Ì‘å‚«‚³‚Ì‘ŸŠí‚Å�A�¶‰E‚É1ŒÂ‚¸‚‚ ‚è‚Ü‚·�B
”r—‘‚Ì‚½‚Ñ‚É��‚‚«�A�C•œ‚ð‚­‚è•Ô‚µ‚Ä‚¢‚Ü‚·�B

—‘‘ƒ‚É‚Í‚³‚Ü‚´‚Ü‚ÈŽîᇂª‚Å‚«‚Ü‚·‚ª�A—Ç�«‚Ì‚±‚Æ‚ª‘½‚¢�u—‘‘ƒ‚Ì‚¤Žî�v‚Æ�Aˆ«�«‚ÌŽ–‚ª‘½‚¢
�u�[ŽÀ�«Žîá‡�v‚É•ª‚¯‚ç‚ê‚Ü‚·�B
—‘‘ƒ‚ÌŽîᇂ̂¤‚¿–ñ9Š„‚ª�u—‘‘ƒ‚Ì‚¤Žî�v‚Å�AŽc‚è‚Ì1Š„‚ª�[ŽÀ�«ŽîᇂƂȂÁ‚Ä‚¢‚Ü‚·�B

–â‘è‚Í‚»‚ÌŽîᇂª—Ç�«‚©ˆ«�«‚©‚ÌŠÓ•Ê‚·‚邱‚Æ‚Å‚·�B


�™—‘‘ƒŽîᇂ̎í—Þ
—‘‘ƒŽîᇂÍ�A‘å‚«‚­�u‚Ì‚¤–E�«Žîá‡�v‚Æ�u�[ŽÀ�«Žîá‡�v‚Ì‚Q‚‚̃^ƒCƒv‚É•ª‚¯‚ç‚ê�A‚Ì‚¤–E�«ŽîᇂÍ�Aˆê”Ê‚É‚Í�u—‘‘ƒ‚Ì‚¤Žî�v‚ƌĂ΂ê‚Ü‚·�B


�[ŽÀ�«Žîá‡�Ë’†‚É‘g�D‚ª‹l‚Ü‚Á‚½ƒRƒu‚̂悤‚É�d‚¢Žîᇂł·�B
—Ç�«Œ^‚à‚ ‚è‚Ü‚·‚ª�A‚W‚O�`‚X‚O�“‚͈«�«‚Ì—‘‘ƒ‚ª‚ñ�A‚ ‚é‚¢‚Í—Ç�«‚ƈ«�«‚Ì‹«ŠEŒ^‚ª‚Ù‚Æ‚ñ‚Ç‚Å‚·�B

—‘‘ƒ‚Ì‚¤Ží�Ë—Ç�«‚ÌŽîᇂł·�B


�™—‘‘ƒŽîᇂÌ�f’f
“à�f‚â�G�f�A’´‰¹”gŒŸ�¸‚È‚Ç�A’Ê�í‚Ì•w�l‰ÈŒŸ�f‚Å”­Œ©‚·‚邱‚Æ‚Ì‚Å‚«‚é•a‹C‚Å‚·�B’´‰¹”g‚¾‚¯‚Å‚à�A”­�¶•”ˆÊ‚â‘å‚«‚³�A“à—e•¨‚ÌŽí—Þ‚È‚Ç�A‚©‚È‚è‚Ì•a‘Ô‚ð‚‚©‚Þ‚±‚Æ‚ª‚Å‚«‚Ü‚·�B

�f’f‚ª“‚¯‚ê‚Î�A�ÌŒŒ‚µ‚ÄŽîᇃ}�[ƒJ�[�i—‘‘ƒ‚ª‚ñ‚©‚ç�¶‚¶‚镨Ž¿�j‚𒲂ׂ½‚è�A‚³‚ç‚ÉCT‚âMRI‚Ȃǂ̉摜ŒŸ�¸‚ð�s‚Á‚Ä—Ç�«‚©ˆ«�«‚©‚𒲂ׂĂ¢‚«‚Ü‚·�B

�Å�I“I‚É‚P‚O‚O�“�³Šm‚È�f’f‚ð‚¾‚·‚É‚Í�AŽîᇂð“E�o‚µ�A‘g�DŒŸ�¸‚ð�s‚¤‚µ‚©‚ ‚è‚Ü‚¹‚ñ�B


�™—‘‘ƒŽîᇂÌ�Ç�ó

Žå‚È�Ç�ó‚Í�A• •”–c–žŠ´�A‰º• •”’É�A�«Ší�oŒŒ�A•Ö”é�A•p”A‚È‚Ç‚ª‹“‚°‚ç‚ê‚Ü‚·�B

—‘‘ƒŽîᇂÍ�A�‰Šú‚Ì�ê�‡‚Í�Ç�ó‚ª�o‚É‚­‚­�AŽîᇂ̃TƒCƒY‚ª‚©‚È‚è‘å‚«‚­‚È‚Á‚Ä‚©‚ç‚Å‚Í‚È‚¢‚Æ�A
‹C‚«‚É‚­‚¢•a‹C‚Å�A”­Œ©‚ª’x‚ꂪ‚¿‚É‚È‚è‚Ü‚·�B

Žîᇂª‘å‚«‚­‚Ȃ邱‚ƂŃEƒGƒXƒgƒTƒCƒY‚ª‘å‚«‚­‚È‚è�AƒXƒJ�[ƒg‚âƒpƒ“ƒc‚ª‚«‚‚­‚È‚Á‚Ä�A‚Í‚¶‚ß‚ÄŽîᇂɋC‚­‚Æ‚¢‚Á‚½ƒP�[ƒX‚à‚ ‚è‚Ü‚·�B

Ž©Šo�Ç�ó‚Í‚È‚¢‚Ü‚Ü‚É�AŒs”P“]‚â”j—ô‚ð‹N‚±‚µ‚Ä�A‚Í‚¶‚ß‚ÄŽîᇂª”­Œ©‚³‚ê‚é‚Æ‚¢‚¤ƒP�[ƒX‚à‚ ‚è‚Ü‚·�B


‚R‚O�΂ð‰ß‚¬‚½‚ç�A”N‚É‚P‰ñ‚Í•w�l‰ÈŒŸ�f‚ðŽó‚¯‚Ä�AŽîᇂ̗L–³‚ðŠm”F‚µ‚Ä‚¨‚­‚ƈÀ�S‚Å‚·�B

ŽîᇂªŒ©‚‚©‚è�A‚·‚®‚ÉŽè�p‚Ì•K—v‚Í‚È‚¢‚Æ”»’f‚³‚ꂽ�ê�‡‚Å‚à�AŽîᇂ̑傫‚³‚̕ω»‚È‚Ç‚ð’èŠú“I‚Ƀ`ƒFƒbƒN‚µ‚Ä‚¢‚­‚±‚Æ‚ª•K—v‚Å‚·�B

—‘‘ƒŽîᇂÍ�f’f‚É‚æ‚Á‚Ä�‰‚ß‚Ä‚í‚©‚é•a‹C‚Å‚·‚Ì‚Å�A�Ç�ó‚É‹C‚¢‚½‚ç�A‘�‚ß‚É•w�l‰È‚ðŽó�f‚µ‚Ü‚µ‚傤�B


—‘‘ƒ‚ª‚ñ‚Æ‚Í

�™—‘‘ƒ‚ª‚ñ‚Æ‚Í
—‘‘ƒ‚É‚Å‚«‚鈫�«‚Ì‚ª‚ñ‚Å�A�]—ˆ‚Í40�`50‘ã‚Ì�l‚Ì•a‹C‚Æ‚¢‚í‚ê‚Ä‚¢‚Ü‚µ‚½‚ª�A�Å‹ß‚Å‚Í20‘ã‚ÌŽá‚¢�—�«‚É‚à‘�‚¦‚Ä‚«‚Ü‚µ‚½�B

‚킪�‘‚Ì”­�Ç—¦‚͉¢•Ä�l‚Ì1/3’ö“x‚Æ‚¢‚í‚ê‚Ä‚¢‚Ü‚µ‚½‚ª�A‹ß� “ú–{�—�«‚Ì”­�Ç—¦‚Ì‹}‘¬‚È‘�‰Á‚ª’�–Ú‚³‚ê‚Ä‚¢‚Ü‚·�B


�™—‘‘ƒ‚ª‚ñ‚ÌŒ´ˆö
�Å�‰‚©‚ç—‘‘ƒ‚ª‚ñ‚Æ‚µ‚Ä”­�¶‚·‚錴”­�«‚Ì‚à‚Ì‚Æ�AˆÝ‚ª‚ñ‚â“û‚ª‚ñ‚È‚Ç‚©‚ç“]ˆÚ‚µ‚Ä‚«‚½“]ˆÚ�«‚Ì‚à‚Ì‚É•ª‚©‚ê‚Ü‚·�B


�™—‘‘ƒ‚ª‚ñ‚É‚È‚è‚â‚·‚¢�l

�¦ŒŽŒo‚ª•s�‡‚È�l
�¦–¢�¥‚Ì�l
�¦”D�P�E�oŽYŒoŒ±‚Ì‚È‚¢�l‚Ü‚½‚Í�­‚È‚¢�l
�¦�X”NŠúˆÈ�~‚Ì�‚—î‚Ì�l

ˆÈ�ã‚̂悤‚È�l‚Í’�ˆÓ‚ª•K—v‚Å‚·�B


�™—‘‘ƒ‚ª‚ñ‚Ì�Ç�ó
—‘‘ƒ‚ª‚ñ‚Í�u’¾–Ù‚ÌŽîá‡�v‚Æ‚¢‚í‚ê‚é‚­‚ç‚¢�Aˆ«�«‚Å‚à—Ç�«‚Å‚à�‰Šú‚Í�Ç�󂪌»‚ê‚É‚­‚¢Ž¾Š³‚Å‚·�B
�™�X‚É�i�s‚µ‚Ä‚­‚é‚Æ�A‰º• •”‚ª’£‚Á‚½‚è�A‚¨‚È‚©‚ª‚Ó‚­‚ꂽ‚è�AƒgƒCƒŒ‚ª‹ß‚¢�@‚È‚Ç‚ÌŽ©Šo�Ç�ó‚ª�o‚Ä‚«‚Ü‚·�B

•�’Ê—‘‘ƒ‚ª‚ñ‚Å•s�³�oŒŒ‚Í‚Ý‚ç‚ê‚Ü‚¹‚ñ‚ª�A‚ª‚ñ‚ª“]ˆÚ‚µ‚Ä�oŒŒ‚·‚邱‚Æ‚à‚ ‚è‚Ü‚·�B

—‘‘ƒ‚ª‘½�­Žî‚ê‚Ä‚¢‚é’ö“x‚Å‚Í‘S‚­�Ç�ó‚ª�o‚Ü‚¹‚ñ�BŽîᇂª‚¾‚¢‚Ô‘å‚«‚­‚È‚é‚Æ‚¨• ‚̈³”—Š´‚È‚Ç‚Å‹C‚­‚±‚Æ‚à‚ ‚è‚Ü‚·‚ª�AŒŸ�f‚⑼‚Ì�Ç�ó‚Å“à‰È‚Ì�fŽ@‚ðŽó‚¯‚½‚Æ‚«‚É‚½‚Ü‚½‚Ü”­Œ©‚³‚ê‚éƒP�[ƒX‚Ì•û‚ª‘½‚¢‚悤‚Å‚·�B

�‰Šú�Ç�󂪂Ȃ¢•ª�AŒ©‚‚©‚Á‚½‚Æ‚«‚É‚Í‚·‚Å‚É‚©‚È‚è�i�s‚µ‚Ä‚¢‚邱‚Æ‚ª‚Ù‚Æ‚ñ‚Ç‚È‚Ì‚Å�A—‘‘ƒ‚ª‚ñ‚Í¢ƒTƒCƒŒƒ“ƒgƒLƒ‰�[£‚Æ‚¢‚í‚ê‚Ä‚¢‚Ü‚·�B


�™—‘‘ƒ‚ª‚ñ‚Ì‘�Šú”­Œ©
—‘‘ƒ‚ª‚ñ‚ð‘�Šú”­Œ©‚·‚é‚É‚Í�A’èŠú“I‚É’´‰¹”gŒŸ�¸‚ðŽó‚¯‚邵‚©‚ ‚è‚Ü‚¹‚ñ�B


�™—‘‘ƒ‚ª‚ñ‚ÌŒŸ�¸
‚Ü‚¸�A“à�f‚É‚æ‚Á‚Ä—‘‘ƒ‚Ì‚Í‚ê‚𒲂×�AˆÙ�킪‚ ‚ê‚Î’´‰¹”gŒŸ�¸‚Å‚³‚ç‚É’²‚ׂ܂·�B
ŒŒ‰tŒŸ�¸‚ÅŽîᇃ}�[ƒJ�[‚𒲂ׂ½‚è�A•K—v‚ɉž‚¶‚ÄMRI‚âCT‚ðŽÀŽ{‚·‚é�ê�‡‚à‚ ‚è‚Ü‚·�B
�Å�I“I‚É‚Í�AŽè�p‚Ì�Û‚Ì‘g�DŒŸ�¸‚Å�f’f‚ðŠm’è‚·‚邱‚Æ‚É‚È‚è‚Ü‚·�B


�™—‘‘ƒ‚ª‚ñ‚ÌŽ¡—Ã
Žq‹{‚Æ—‘‘ƒ‚Ì�Ø�œ‚Æ�R‚ª‚ñ�Ü“Š—^‚ð‘g‚Ý�‡‚킹‚鎡—Õû–@‚ªŽå—¬‚Å‚·�B
Œ»�Ý‚Í�R‚ª‚ñ�Ü‚ÌŠJ”­‚ª”ñ�í‚É�i‚ñ‚Å‚¢‚Ü‚·�B
‚Ü‚½�A•úŽË�ü‚ð—p‚¢‚邱‚Æ‚à‚ ‚è‚Ü‚·�B


�™—‘‘ƒ‚ª‚ñ‚ÌŽè�p
—‘‘ƒ‚ª5�`6cmˆÈ�ã‚ÉŽî‚ê‚é‚Æ�A—‘‘ƒ‚ðŽx‚¦‚Ä‚¢‚é�x‘Ñ‚ª”P‚ê‚Ä‚µ‚Ü‚¤�ê�‡‚ª‚ ‚è‚Ü‚·�B‚±‚ê‚Í—‘‘ƒ‚Ì‚¤Žî‚Ì¢”P“]£‚Æ‚¢‚Á‚Ä�A‚±‚̂悤‚È�ó‘Ô‚É‚È‚é‚Æ—§‚Á‚Ä‚¢‚ç‚ê‚È‚¢‚Ù‚Ç‚ÌŒƒ’É‚ª“Ë‘RŒ»‚ê‚é‚Ì‚Å�A‚Ù‚Æ‚ñ‚Ç‚Í‹~‹}Žó�f‚µ‚Ä‚»‚Ì‚Ü‚ÜŽè�p‚Æ‚È‚è‚Ü‚·�B

’†‚É‚Í�A”P‚¶‚ê‚©‚©‚Á‚Ä‚Í‚Ü‚½Ž©‘R‚ÉŒ³‚É–ß‚é‚Æ‚¢‚Á‚½’†“r”¼’[‚È¢”P“]£‚ðŒJ‚è•Ô‚·•û‚à‚ ‚è�A‚±‚̂悤‚È�ê�‡‚Í�A“Ë‘R’É‚­‚È‚Á‚½‚©‚ÆŽv‚¤‚Æ‚µ‚΂炭‚·‚é‚ÆŽ¡‚Ü‚é�@‚Æ‚¢‚Á‚½�Ç�ó‚ðŒJ‚è•Ô‚µ‚Ä‚¢‚«‚·�B
ˆêŽž“I‚ÉŽ¡‚Ü‚Á‚Ä‚à�A”P“]‚ð‹^‚¤�Ç�󂪂 ‚é�ê�‡‚Í�A—Ⴆ—Ç�«Žîᇂł ‚Á‚Ä‚à‘�‚ß‚ÉŽè�p‚µ‚Ä‚¨‚­•û‚ªˆÀ�S‚Å‚·�B


—‘ŠÇ‰Š‚Æ‚Í

—‘ŠÇ‰Š‚Æ‚Í—‘ŠÇ‚É�׋ۂȂǂªŠ´�õ‚µ‚Ä‹N‚±‚鉊�Ç‚Ì‚±‚Æ‚Å‚·�B
—‘ŠÇ‚Í�—�«Ší‚Ì’†‚Å‚à“Á‚ɉŠ�Ç‚ð‹N‚±‚µ‚â‚·‚¢ŠíŠ¯‚Å‚·�B

‰Š�Ç‚ÌŒ´ˆö‚Í�׋ۊ´�õ‚É‚æ‚é‚à‚Ì‚ª‚Ù‚Æ‚ñ‚Ç‚Å�A�ŋ߂̓Nƒ‰ƒ~ƒWƒAŠ´�õ‚É‚æ‚é‚à‚Ì‚ª‘�‚¦‚Ä‚¢‚Ü‚·�B

—‘ŠÇ‚Í�AŽq‹{‚Ì—¼’[‚©‚炨‚È‚©‚Ì’†‚É�L‚Ñ‚Ä‚¢‚é�ׂ¢ŠÇ�ó‚Ì‘ŸŠí‚Å‚·�B

—‘‘ƒ‚©‚çŽó�¸—‘‚ðŽq‹{‚܂ʼn^‚ԒʘH‚Ì–ðŠ„‚ð‚µ‚Ä‚¢‚Ü‚·�B‚±‚Ì—‘ŠÇ‚ɉŠ�Ç‚ª‹N‚«‚½�ó‘Ô‚ª¢—‘ŠÇ‰Š£‚Æ‚¢‚¢‚Ü‚·�B
’Ê�í‚ÍŽq‹{‚©‚ç‚̉Š�Ç‚ª�L‚ª‚Á‚Ä‹N‚«‚邱‚Æ‚ª‘½‚¢‚Ì‚Å�A¢Žq‹{—‘ŠÇ‰Š£‚Æ�³Ž®‚ɌĂ΂ê‚邱‚Æ‚à‚ ‚è‚Ü‚·�B


�™—‘ŠÇ‰Š‚ÌŒ´ˆö‚ÆŽ¡—Ã
‘å’°‹Û‚âƒuƒhƒE‹…‹Û�A˜A�½‹…‹Û‚È‚Ç‚Ì�׋ۂâƒNƒ‰ƒ~ƒWƒA‚È‚Ç‚ªŒ´ˆö‚Å‚·�B
—ҋۂ⌋Šj‹Û‚ÌŠ´�õ‚©‚ç‹N‚±‚é�ê�‡‚à‚ ‚è‚Ü‚·�B
‘�Šú‚É”­Œ©‚µ‚Ä�A“K�Ø‚È�R�¶•¨Ž¿‚ðŽg—p‚·‚ê‚Î�AŠ®Ž¡‚·‚邱‚Æ‚ª‚Å‚«‚Ü‚·�B


�™—‘ŠÇ‰Š‚Ì�Ç�ó
‹}‚È�‚”M�A‰º• •”‚ÌŒƒ‚µ‚¢’É‚Ý�A‚¨‚è‚à‚Ì‚Ì‘�—Ê�A•s�³�oŒŒ�A
“f‚«‹C�A‚¨‚¤“f�A—â‚⊾‚ª�o‚é‚È‚Ç‚Ì�Ç�󂪌»‚ê‚Ü‚·�B

Žq‹{‚Ì�oŒû‚ÉŠ´�õ‚µ‚½’iŠK‚Å‘½�­‚¨‚è‚à‚Ì‚ª‘�—Ê‚·‚鎖‚ª‚ ‚è‚Ü‚·‚ª�A‰Š�Ç‚ªŒy‚¯‚ê‚Η‘ŠÇ‰Š‚É‚È‚Á‚Ä‚à�A‚Ù‚Æ‚ñ‚Ç�Ç�ó‚Í�o‚Ü‚¹‚ñ�B
�Ç�󂪂 ‚Ü‚è�o‚È‚¢‚Æ‚±‚낪�AƒNƒ‰ƒ~ƒWƒA‚â—Ò‹ÛŠ´�õ‚Ì•|‚¢‚Æ‚±‚ë‚Å‚·�B

—‘ŠÇ‰Š‚É‚È‚Á‚Ä‚à‚Ù‚Æ‚ñ‚Ç�Ç�ó‚ª�o‚È‚¢‚½‚ß‚É�A‚Ù‚Æ‚ñ‚ÇŽ©Šo‚ª‚È‚¢‚Ü‚Ü�A‰ß‹Ž‚É—‘ŠÇ‰Š‚É‚È‚Á‚Ä‚¢‚éƒP�[ƒX‚à’¿‚µ‚­‚ ‚è‚Ü‚¹‚ñ�B

‰Š�Ç‚ª‚Ђǂ­‚È‚é‚Æ�A‰º• •”‚Ì’É‚Ý‚â�«ŒðŽž‚Ì’É‚Ý‚ª�o‚é�ê�‡‚ª‚ ‚è‚Ü‚·�B�œ”Õ• –Œ‰Š‚Ì�ó‘Ô‚É‚È‚é‚Æ�A”M‚ª�o‚½‚è•à‚¢‚½‚¾‚¯‚Å‚à‚¨‚È‚©‚É‹¿‚­‚悤‚È’É‚Ý‚ª�o‚½‚肵‚Ü‚·�B

—‘ŠÇ‰Š‚É‚È‚é‚Æ�A—‘ŠÇ‚Ì�æ‚â’†‚Ì•”•ª‚ɂɈø‚«‚‚ê�i–ü’…�j‚ª‹N‚«‚Ä�A—‘ŠÇ‚̒ʂ肪ˆ«‚­‚Ȃ邱‚Æ‚ª‚ ‚è‚Ü‚·�B‚»‚ÌŒ‹‰Ê�A—‘ŠÇ•s”D‚âˆÙ�Š�«”D�P(Žq‹{ŠO”D�P)‚ðˆø‚«‹N‚±‚µ‚Ä‚µ‚Ü‚¤‚±‚Æ‚É‚È‚è‚Ü‚·�B

¢—‘ŠÇ•s”D£‚Æ‚¢‚¢‚¤‚Ì‚Í�A‰Š�Ç‚É‚æ‚Á‚Ä—‘ŠÇ‚Ì�悪•Â‚¶‚Ä‚µ‚Ü‚Á‚Ä�A—‘Žq‚ªƒsƒbƒNƒAƒbƒv‚Å‚«‚È‚¢‚Ì‚Å—‘ŠÇ‚ÅŽó�¸‚·‚邱‚Æ‚ª‚Å‚«‚È‹ê‚È‚é�ó‘Ô‚Å‚·�B�B

‚Ü‚½¢—‘ŠÇ”D�P£‚Æ‚¢‚¤‚Ì‚Í�A—‘ŠÇ‚Ì“r’†‚ª‚Ó‚³‚ª‚Á‚½�ó‘Ô‚Å‚Í�AŽó�¸—‘‚ª‚¤‚Ü‚­Žq‹{‚܂ʼn^‚Ñ‚«‚ꂸ�A—‘ŠÇ‚Ì“r’†‚Å’…�°‚µ‚Ä‚µ‚Ü‚¤‚±‚Æ‚Å‚·�B
¢—‘ŠÇ”D�P£‚͈Ù�Š�«”D�P‚Ì’†‚Å‚à“Á‚É•p“x‚ª�‚‚­�A”j—ô‚·‚é‚Æ‘å�oŒŒ‚ðˆø‚«‹N‚±‚·‚Ì‚Å�A’�ˆÓ‚ª•K—v‚Å‚·�B

ƒNƒ‰ƒ~ƒWƒA‚É‚æ‚é—‘ŠÇ•s”D‚Í�AŽá‚¢�—�«‚Ì•s”D‚ÌŒ´ˆö‚Æ‚µ‚Ä–â‘è‚É‚È‚Á‚Ä‚«‚Ä‚¢‚Ü‚·�B
20‘ã‚Ì•s”D‚Ìj�—�«•û‚Ì3Š„‚̓Nƒ‰ƒ~ƒWƒA�R‘Ì‚ª—z�«‚Å‚ ‚é�A‚Æ‚¢‚¤ƒf�[ƒ^‚à‚ ‚é‚­‚ç‚¢‚Å‚·
‚ ‚銳ŽÒ‚³‚ñ‚Í�A‰ß‹Ž‚ɃNƒ‰ƒ~ƒWƒA‚ÉŠ´�õ‚µ‚½‚±‚Æ‚ª‚ ‚è�A—‘ŠÇ‚Ì’Ê‚è‚𒲂ׂ錟�¸‚ð�s‚Á‚½‚Æ‚±‚ë—¼•û‚Ì—‘ŠÇ‚ª‹l‚Ü‚Á‚Ä‚¢‚Ü‚µ‚½�B‚±‚Ì�ê�‡�A”D�P‚·‚é‚É‚Í‘ÌŠOŽó�¸‚ð‚·‚é‚µ‚©Žè‚ª‚ ‚è‚Ü‚¹‚ñ�B

‚Ü‚½�AˆÙ�Š�«”D�P‚Ì‚½‚ß‚É‹Ù‹}Žè�p‚É‚È‚Á‚½•Ê‚ÌŠ³ŽÒ‚³‚ñ‚Í�AƒNƒ‰ƒ~ƒWƒA‚ÉŠ´�õ‚µ‚½‚±‚Æ‚ð‚²–{�l‚ÍŽ©Šo‚³‚ê‚Ä‚¢‚Ü‚¹‚ñ‚Å‚µ‚½‚ª�A‚¨‚È‚©‚Ì’†‚É‚Í–¾‚ç‚©‚ɃNƒ‰ƒ~ƒWƒA‚ªŒ´ˆö‚ÆŽv‚í‚ê‚é–ü’…‚ª‚ ‚è�A—‘ŠÇ‚ª‚Ó‚³‚ª‚Á‚½�ó‘Ô‚É‚È‚Á‚Ä‚¢‚Ü‚µ‚½�B


—‘ŠÇ‰Š‚Í�A�Ç�ó‚ª�o‚É‚­‚¢‚Ì‚Æ�A”D�P‚É‚à‰e‹¿‚ð—^‚¦‚Ä‚µ‚Ü‚¤‚Ì‚Å‚¿‚å‚Á‚Æ–ï‰î‚È•a‹C‚Å‚·�B

�­‚µ‚Å‚à‹^‚킵‚¢�Ç�󂪂 ‚é‚悤‚Å‚µ‚½‚ç�A–À‚킸•w�l‰È‚à‚µ‚­‚ÍŽY•w�l‰È‚Å�f‚Ä‚à‚ç‚¢‚Ü‚µ‚傤�B


卵管水腫

◆卵管水腫とは◆

卵管に起きた炎症の結果、卵管に水がたまっている状態です。
クラミジア感染などガ原因で起こります。
本来数ミリの太さの卵管がソーセージ状に腫れてしまいます。
診断は超音波検査やMRIで行います。症状がなければ治療しなくても問題はありませんが、抗生物質の投与や手術を行うケースもあります。

◆卵管水腫の原因◆

卵管に起きた炎症(卵管炎)の結果、卵管の一部が閉塞(へいそく)つまり通過性がなくなり、卵管の中に炎症性の液(膿など)がたまったものです。

最初から卵管水腫として単独で発病することはなく、卵管炎があって初めて起きるものです。

卵管炎は、さまざまな菌の感染によって引き起こされます。代表的なものとして淋(りん)菌やクラミジアなどがよく知られています。他に嫌気性菌や腸内細菌、連鎖球菌などによるものもあります。非常にまれですが、結核菌によるものもあります。

◆卵管水腫の経過◆

卵管水腫にいたるまでに発熱、下腹痛、膿性の帯下(おりもの)などの頚管炎や子宮内膜炎、卵管炎の症状がある場合が多いです。

治療にもかかわらず急性卵管炎の約4分の1は慢性化するといわれています。慢性化すると、慢性的な骨盤内疼痛、性交痛、不妊症、子宮外妊娠の原因となります。

◆検査◆

腹腔鏡検査が最適です。腹腔鏡によって子宮や卵管の状態、またそれらの周囲の癒(ゆ)着の状態、子宮内膜症の有無などが分かります。

卵管炎には適切な抗生物質を十分な期間投与して治療することが必要です。治療が効果を上げているかどうかを知るためには血液検査が有用です。

白血球数やCRP反応、血沈などによって炎症性の過程が持続しているかどうかが判定できます。

◆治療◆
軽度の場合であれば腹腔鏡によって処置することも可能です。

通常は抗生物質療法が有効なですが、もし感染が卵巣、卵管を巻き込んだ膿瘍(のうよう)を形成するようなものであったり、慢性化のために耐え難い腹痛が起きたりしているようであれば、手術が必要になります。

症状がなければ治療しなくても問題はありませんが、卵管が原因で不妊症になっている場合は自然妊娠は望めません。
卵管が腫れていると、体外受精の妊娠率が下がったり、子宮外妊娠の原因になるので、不妊治療を開始する前に手術で卵管を切り取ります。

将来の妊娠に対する希望などを考慮して、治療の選択が必要かと思われます。


—‘‘ƒ‚ª‚ñ

�Ÿ—‘‘ƒ‚ª‚ñ‚Æ‚Í�Ÿ

—‘‘ƒ‚ª‚ñ‚Í�A•w�l‰È‚Ì‚ª‚ñ‚Ì’†‚Å‚àŽè‚²‚í‚¢Šà‚Å‚·�B
“ûŠà‚âŽq‹{‘ÌŠà‚Æ“¯—l‚É�A�H�¶Šˆ‚̉¢•Ä‰»‚ƔӎY�E–¢ŽYŒXŒü‚Ì‚½‚ß‚É�Å‹ß
‘�‰Á‚µ‚Ä‚Ä‚¢‚éŠà‚Å‚·�B

�f’f‚Í’´‰¹”gŒŸ�¸‚âMRI‚̉摜�f’f‚Æ�AŒŒ‰tŒŸ�¸‚ÅŽîᇃ}�[ƒJ�[‚𒲂ׂé
•û–@‚ª‚ ‚è‚Ü‚·�B
Ž¡—Â̊î–{‚ÍŽè�p‚Æ‚È‚è‚Ü‚·�B‚©‚È‚è‚Ì‘�Šú‚ð�œ‚¢‚Ä�pŒã‚ɉ»Šw—Ö@‚ð�s‚¢‚Ü‚·�B

�Ÿ—‘‘ƒ‚ª‚ñ‚Ì“Á’¥�Ÿ

—‘‘ƒ‚É‚Å‚«‚鈫�«‚Ì‚ª‚ñ‚Å�A‚©‚‚ĂÍ40�`50‘ã‚Ì�l‚É‘½‚¢•a‹C‚Æ‚¢‚í‚ê‚Ä‚¢‚Ü‚µ‚½‚ª�A�Å‹ß‚Å‚Í20‘ã‚ÌŠ³ŽÒ‚à‘�‚¦‚Ä‚«‚Ü‚µ‚½�B

“ú–{‚Å‚Ì”­�Ç—¦‚͉¢•Ä�l‚Ì1/3ˆÊ‚Æ‚¢‚í‚ê‚Ä‚¢‚Ü‚·‚ª�A“ú–{�—�«‚Ì”­�Ç—¦‚Ì‹}‘¬‚È‘�‰Á‚ª‹ß”N’�–Ú‚³‚ê‚Ä‚¢‚Ü‚·�B

�Å�‰‚©‚ç—‘‘ƒ‚ª‚ñ‚Æ‚µ‚Ä”­�¶‚·‚錴”­�«‚Ì�ê�‡‚Æ�AˆÝ‚ª‚ñ‚â“û‚ª‚ñ‚È‚Ç‚©‚ç“]ˆÚ‚µ‚Ä‚«‚½“]ˆÚ�«‚Ì�ê�‡‚É•ª‚©‚ê‚Ü‚·�B

�u’¾–Ù‚ÌŽîá‡�v‚Æ‚¢‚í‚ê‚é‚­‚ç‚¢�A�‰Šú‚Í�Ç�ó‚ª�o‚É‚­‚¢Ž¾Š³‚Å‚·�B
‚µ‚©‚µ�A‚ª‚ñ‚ª—‘‘ƒ“à‚É‚Æ‚Ç‚Ü‚é1Šú‚Ì’iŠK‚Å”­Œ©‚Å‚«‚ê‚Î�A•½‹Ï‚Å‚à–ñ8Š„‚Ì�l‚ªŽ¡‚Á‚Ä‚¢‚Ü‚·�B

�Ÿ—‘‘ƒ‚ª‚ñ‚Ì�Ç�ó�Ÿ

�‰Šú‚Å‚Í�Ç�󂪂قƂñ‚ÇŒ©‚ç‚ê‚Ü‚¹‚ñ�B
�i�s‚µ‚Ä‚­‚é‚ɂ‚ê�A‰º• •”‚ª’£‚Á‚½‚è�A‚¨‚È‚©‚ª‚Ó‚­‚ꂽ‚è�AƒgƒCƒŒ‚ª‹ß‚­‚È‚é�@‚Æ‚¢‚Á‚½Ž©Šo�Ç�ó‚ª�o‚Ä‚«‚Ü‚·�B

�Ÿ’�ˆÓ‚ð—v‚·‚é�l�Ÿ

ŒŽŒo‚ª•s�‡‚È�l�A–¢�¥‚Ì�l�A”D�P�E�oŽYŒoŒ±‚Ì‚È‚¢�l‚â�­‚È‚¢�l�A�X”NŠúˆÈ�~‚Ì�‚—î‚Ì�l‚È‚Ç‚Í‚Æ‚­‚É’�ˆÓ‚ª•K—v‚Å‚·�B

�Ÿ—‘‘ƒ‚ª‚ñ‚ÌŒŸ�¸�Ÿ

ŒŸ�¸‚Í�A“à�f‚É‚æ‚Á‚Ä—‘‘ƒ‚Ì‚Í‚ê‚𒲂×�AˆÙ�킪Šm”F‚Å‚«‚½�ê�‡‚Í’´‰¹”gŒŸ�¸‚Å‚³‚ç‚É’²‚ׂ܂·�B
•K—v‚ɉž‚¶‚ÄMRI‚âCT‚ðŽÀŽ{‚·‚邱‚Æ‚à‚ ‚è‚Ü‚·�BŒŒ‰tŒŸ�¸‚ÅŽîᇃ}�[ƒJ�[‚𒲂ׂ邱‚Æ‚à‚ ‚è‚Ü‚·�B
�Å�I“I‚É‚Í�AŽè�p‚Ì�Û‚Ì‘g�DŒŸ�¸‚Å�f’f‚ðŠm’肵‚Ü‚·�B

�Ç�󂪌»‚ê‚É‚­‚¢‚Ì‚Å�A’èŠú“I‚ÈŒŸ�¸‚ðŽó‚¯‚邱‚Æ‚ª�d—v‚Å‚·�B

�Ÿ‚È‚º”­Œ©‚ª“‚¢‚Ì‚©�Ÿ

—‘‘ƒ‚ª‚ñ‚Ì�ê�‡�A�‰Šú‚Ì’iŠK�A1Šú‚Å”­Œ©‚³‚ê‚é�l‚Í�A‹Í‚©30ƒp�[ƒZƒ“ƒg�B�uŽÀ�Û‚É‚Í3Šú�i�œ”ÕŠO‚Ì• �o‚É‚ª‚ñ‚ª�L‚ª‚Á‚Ä‚¢‚é‚©�AƒŠƒ“ƒp�ß“]ˆÚ‚ª‚ ‚é�j�A4Šú�i‰“Šu‘ŸŠí‚Ö‚Ì“]ˆÚ�j‚Ì�i�s‚ª‚ñ‚Ì’iŠK‚Å”­Œ©‚³‚ê‚é�l‚ª6Š„‚ð�è‚ß‚Ä‚¢‚é�v‚Æ‚¢‚í‚ê‚Ü‚·�B
3Šú‚Å‚ ‚ê‚Î�A5”N�¶‘¶—¦‚Í30ƒp�[ƒZƒ“ƒg�B4Šú‚É‚È‚é‚Æ10ƒp�[ƒZƒ“ƒg‚ɒቺ‚µ‚Ü‚·�B

�u—‘‘ƒ‚ª‚ñ‚ÍŽ©Šo�Ç�ó‚É–R‚µ‚­�A‚ ‚é’ö“x‚Ì‘å‚«‚³‚É‚È‚ç‚È‚¢‚Ɖ摜 ‚Å‚à�f’f‚Å‚«‚È‚¢‚½‚ß‚Å‚·�B
Žq‹{‚Ì“ü‚èŒû•t‹ß‚É‚Å‚«‚éŽq‹{èò‚ª‚ñ‚È‚ç‚Î�A’¼�ÚäT‚©‚ç�×–E‚ð‚Æ‚Á‚Ä‚ª‚ñ‚©‚Ç‚¤‚©‚𒲂ׂ邱‚Æ‚ª‚Å‚«‚Ü‚·�B

‚Æ‚±‚낪�A—‘‘ƒ‚Í�eŽw‚Ì“ª‚Ù‚Ç‚Ì‘å‚«‚³‚Å�A‘̂̉œ‚Ì•û‚É‚ ‚è‚Ü‚·�B
‚»‚Ì‚½‚ß�A’¼�Ú“÷Šá‚ÅŠÏŽ@‚·‚邱‚Æ‚à‚Å‚«‚È‚¯‚ê‚Î�A‚ª‚ñ‚ª‘å‚«‚­‚È‚Á‚Ä‚àŽüˆÍ‚Ì‘ŸŠí‚ðˆ³”—‚µ‚Ä�Ç�ó‚ð•\‚·‚±‚Æ‚à‚È‚¢‚Ì‚Å‚·�B

’°‚ðˆ³”—‚·‚ê‚Î�A�H‚ׂç‚ê‚È‚¢‚Æ‚¢‚Á‚½�Ç�ó‚ª�o‚Ä‚«‚Ü‚·�B‚µ‚©‚µ�A—‘‘ƒ‚ª‚ñ‚Ì�ê�‡�A‚ª‚ñ‚ª‘å‚«‚­‚È‚Á‚Ä‚«‚Ä‚àŠ³ŽÒ‚³‚ñ‚Í�­‚µ‘¾‚Á‚½‚©‚È‚®‚ç‚¢‚Ì”FŽ¯‚µ‚©‚È‚¢‚±‚Æ‚ª‘½‚¢‚Ì‚Å‚·�B

�ŸŽ¡—Ã�Ÿ

Ž¡—ÂÍ�AŽq‹{‚Æ—‘‘ƒ‚Ì�Ø�œ‚Æ�R‚ª‚ñ�Ü“Š—^‚ð‘g‚Ý�‡‚킹‚é•û–@‚ªˆê”Ê“I‚Å‚·�B
Œ»�Ý‚Í�A�R‚ª‚ñ�Ü‚ÌŠJ”­‚Í”ñ�í‚É�i‚ñ‚Å‚¢‚Ü‚·�B‚Ü‚½�A•úŽË�ü‚ð—p‚¢‚邱‚Æ‚à‚ ‚è‚Ü‚·�B


卵巣出血

◆卵巣出血とは◆

卵巣からの出血が腹腔内に貯留し,下腹痛を主とした症状の疾患です。
排卵期や月経前の卵巣がはれぼったくなっている時期に、何らかの衝撃が
加わると、卵巣から出血してしまうことがあります
ほとんどは性交渉がきっかけになります。
診断は超音波検査で行います。
出血が多い場合は手術が必要ですが、多くは止血剤を飲んで安静にしておくだけで改善していきます。

◆卵巣出血の特徴◆

排卵の時に出血が起き、黄体に血液が溜まって通常は吸収されるのですが、
吸収しきれない場合は、溜まった血液が血腫からのう腫になります。
単発的なものであれば徐々に吸収されることも多いので、特に問題はありません。
しかし性交・運動・外傷・強い刺激などが原因となって、出血量が多くなったり、出血が止まりにくくなったり、のう腫が破裂する場合があります。

これが卵巣出血で、腹腔内に大量の出血が流れ込んできます。
そのために強烈な腹痛、あるいは、ショック症状が起こります。
緊急手術しないと命に関わってくる場合もあるのです。

◆卵巣出血の症状◆

排卵の際、卵巣から少量出血することがありますが、たまにこの出血が収まらずに、子宮外妊娠と紛らわしい症状を呈すことがあります。
お腹の中に出血した血液が相当量たまり、子宮外妊娠と同じように、激しい腹痛があります。

生理と生理の中間期(排卵期)からジクジクとした痛みがある時があります。
生理が来ると、ほとんどは出血のためにはれた卵巣は元に戻り、痛みは自然に改善していきます。しかし、それまでの間に激しい痛みが出たり、感染を伴って発熱する時もあります。

◆診断◆

超音波所見などで診断します。
軽度の卵巣出血ははっきり診断されないまま、大きな異常もなく経過します。

おなかの中に血液がたまっているかどうかは腟から針を刺して調べることができます。卵巣出血の場合は妊娠反応は陰性で、妊娠を疑わせる兆候はみられません。

◆治療◆

抗生物質の使用が必要な時もあります。さらにまれにですが、痛みや感染の程度によっては手術が必要になる時もあります。
強烈な腹痛、あるいは、ショック症状が起こると命に関わってくる場合もあるので油断は出来ません。。


卵巣チョコレートのう腫

婦人科系の病気のなかで、比較的聞き慣れない「卵巣チョコレートのう腫」についてお話します。。

◆チョコレートのう腫とは◆
子宮内膜症の1つで、卵巣内に起こるものです。
子宮内膜症が卵巣にできると、卵巣の中で古い血液がたまってチョコレートのう腫になります。
卵巣内に子宮内膜組織が発生し、卵巣は嚢腫状となり、嚢内には古くなった月経性血液が溜まります。その血液がチョコレート状になり卵巣が腫れるのです。

子宮内膜症は月経がある25〜44歳の女性のうちの10〜15%にみられます。
近年は晩産・未産の人が多い傾向のため、20代後半から30代の女性に増えてきています
診断方法は普通の卵巣のう腫と同じ画像診断で、治療は薬物療法と手術療法があります。

◆チョコレートのう腫の原因◆

病気になる原因としては、以下にあげたように食生活や免疫が深く関係していると考えられます。

☆脂っこいもの、高たんぱく、野菜不足 の食事⇒血液をどろどろにします。

☆睡眠不足、深夜まで起きている生活の場合⇒免疫の生まれ変わりは10時〜2時の4時間が多いので、その時間帯に起きていると免疫が下がると思われます。

☆冷え性⇒生理前におなかが冷たくなる、下痢、靴下をはかないと眠れない、などこれらの冷えの症状を抱える方のほとんど。冷えの部分は免疫が上がりにくい。

☆ストレス⇒ストレスは免疫を低下させます。精神的な負担を抱えていたり、くよくよして落ち込みやすかったり、責任感があって頑張り過ぎる。幼い時に厳しく育てられた事で常に緊張感がある、などの場合。

◆チョコレートのう腫の症状◆

過多月経による貧血。
激しい下腹痛、腰痛など月経困難症。
卵巣が肥大を起こして周辺の臓器を圧迫したり、癒着を起こしたりします。
不妊。 などが主な症状です。

◆チョコレートのう腫の治療◆

まずホルモン療法で治療を行って、効果がない場合には手術療法を行います。

手術療法には卵巣を取り除く場合と温存療法、嚢腫核出術などがあります。基準としては5センチ以上になっている場合、手術となります。

卵巣が腫れている場合は 病院で検査をして、複数の医師から手術を勧められた場合は、手術をするといった方法が良いようです。
何よりも定期的にチェックに行く事が大切です。


—‘‘ƒ‚Ì‚¤Žî

�Ÿ—‘‘ƒ‚Ì‚¤Žî‚Æ‚Í�Ÿ
ŠÈ’P‚ÉŒ¾‚¤‚È‚ç‚Î�A�u—‘‘ƒ‚ɉt�ó�¬•ª‚ª—­‚Ü‚Á‚ÄŽî‚ê‚Ä‚¢‚é�ó‘Ô‚Ì‚±‚Æ�v‚Å‚ ‚é‚Æ‚¢‚¦‚Ü‚·�B�B

—‘‘ƒ‚É‚Å‚«‚éŽîá‡‚Ì 85�“‚Í—Ç�«‚Å�A—Ç�«Žîᇂ̒†‚ňê”Ô‘½‚¢‚Ì‚ª—‘‘ƒ‚Ì‚¤Žî‚Å‚·�B�f’f‚Í’´‰¹”gŒŸ�¸‚âMRI‚Ȃǂ̉摜�f’f‚Å�s‚¢‚Ü‚·�BŽ¡—Â͊î–{“I‚É‚ÍŽè�p‚É‚È‚è‚Ü‚·‚ª�A‘å‚«‚³‚â�Ç�ó‚Ì—L–³‚É‚æ‚Á‚Ä—lŽq‚ðŒ©‚é‚¾‚¯‚Ì�ê�‡‚à‚ ‚è‚Ü‚·�B

�Ÿ—‘‘ƒ‚Ì‚¤Žî‚Ì“Á’¥�Ÿ

—‘‘ƒŽîᇂɂ͗Ç�«‚Ì‚à‚̂ƈ«�«‚Ì‚à‚Ì‚ª‚ ‚è‚Ü‚·‚ª�A‚»‚¤‚Ì’†‚Å‚à—‘‘ƒ‚Ì‚¤Žî‚Í�AŸ÷‰t�«�A”S‰t�«‚Ì”X–E‘BŽî‚ð‚Ü‚Æ‚ß‚½‚à‚Ì‚ðŽw‚µ—Ç�«Žîᇂɑ®‚µ‚Ü‚·�B

—‘‘ƒ‚É‚ÍŽÀ‚É‚³‚Ü‚´‚Ü‚ÈŽí—Þ‚ÌŽîᇂª”­�¶‚·‚邱‚Æ‚ª’m‚ç‚ê‚Ä‚¨‚è�A‰ß‹Ž�F�X‚È•ª—ÞŒ¤‹†‚ÌŒ‹‰Ê�AŒoŒ±“I‚É�u‚Ì‚¤–E�ó‚ð’æ‚·‚é‚à‚̂ɂ͈«�«‚Ì‚à‚Ì‚Í‚Ù‚Æ‚ñ‚Ç‚È‚¢�v‚Æ‚¢‚¤‚±‚Æ‚ª‚í‚©‚Á‚Ä‚«‚Ü‚µ‚½�B

—‘‘ƒ‚Ì‚¤Žî

�Ÿ—‘‘ƒ‚Ì‚¤Žî‚ÌŽí—Þ�Ÿ

‡@Ÿ÷‰t�«”X–E‘BŽî�Ë—¼‘¤�«‚É”­�¶
�E‘ȉ~Œ`–”‚͉~Œ`‚Å�A�¬�l‚Ì“ª‚­‚ç‚¢‚Ì‘å‚«‚³‚Ü‚Å”­ˆç‚µ‚Ü‚·�B
�E“à—e‰t‚Í–³�F�A’W‰©�F‚Å“§–¾�AŸ÷‰t�«�B
�E—Ç�«Žîᇂł͂ ‚è‚Ü‚·‚ª�Aˆ«�«‚ɕω»‚µ‚â‚·‚­�A‘±”­�«—‘‘ƒ‚ª‚ñ‚ƂȂ邱‚Æ‚ª‚ ‚è‚Ü‚·�B

‡A”S‰t�«”X–E‘BŽî�Ë‘½‚­‚͕Б¤�«
�EŒ`‚͑ȉ~Œ`–”‚͉~Œ`‚Å�A•ú’u‚·‚é‚Æ‹�‘å‚Æ‚È‚è�@• �o‘S‘Ì‚ð�è‚ß‚é‚Ù‚Ç‚Ì‘å‚«‚³‚É‚È‚è‚Ü‚·�B
�E“à—e‰t‚Í’W”’�F�A‰©�F�AŠŒ�F‚Ì”Sâf�«‚Ì‚ ‚é‰t�B

�Ÿ—‘‘ƒ‚Ì‚¤Žî‚Ì�Ç�ó�Ÿ

‚©‚È‚èŽîᇂª‘å‚«‚­‚È‚Á‚Ä‚©‚牺• •”‚ª–c‚ꂽŠ´‚¶‚ª‚µ‚Ü‚·�B
• •”‚ð�G‚ê‚é‚ÆŽîᇂª•ª‚©‚è‚Ü‚·�B
�˜’É‚à‚ ‚è�A‹�‘å‚É‚È‚é‚Æ‘¼‘ŸŠí‚ðˆ³”—‚µ—l�X‚È�Ç�ó‚ª�o‚Ä‚«‚Ü‚·�B
”XŽî‚ÌŒs‚Ì•”•ª‚ª‚Ë‚¶‚ꂽ�ê�‡�AŒs”P“]‚ª‹N‚±‚艺• •”‚ÉŒƒ’É‚ª‹N‚«‚Ü‚·�B

�Ÿ—‘‘ƒ‚Ì‚¤Žî‚ÌŽ¡—Ã�Ÿ

Žè�p‚Ì�ê�‡‚ª‘½‚¢‚Å‚·‚ª�AŽîᇂ̑傫‚³‚É‚æ‚èˆÙ‚È‚è‚Ü‚·�B
êA—‘‘åˆÈ‰º‚Ì‘å‚«‚³�Ë—Ç�«‚Æ”»’f‚³‚ꂽ�ê�‡‚É‚ÍŒo‰ßŠÏŽ@‚µ‚Ü‚·�B
êA—‘‘åˆÈ�ã‚Ì‘å‚«‚³�ËŒs”P“]‚₪‚ñ‰»‚·‚é‹°‚ꂪ‚ ‚邽‚ߎè�p—Ö@‚È‚Ç‚ð�s‚¢‚Ü‚·
Žè�p–@‚Í�A—‘‘ƒ”XŽîŠj�o�p(—Ç�«‚Å—¼‘¤�«‚É‘¶�Ý‚·‚é�ê�‡‚É�s‚í‚ê‚Ü‚·�B)
—‘‘ƒ“E�o�p‚È‚Ç‚ª‚ ‚è‚Ü‚·�B



Page: 1

TOPPAGE  TOP 
  • SEO
  • loading
  • 婦人科病気・疾患と性交痛の原因
RSS2.0