婦人病・婦人科病気とその症状、原因、治療について解説します。 女性特有のがん、腫瘍については早期発見、早期治療すれば完治する病気が多いのです。女医さんのいる婦人科情報も掲載中。

220乳房・乳腺の病気

乳腺線維腺腫とは

乳腺線維腺腫とは、あまり聞きなれない名前ですが、乳腺の良性腫瘍のひとつです。

乳房内の線維組織と乳腺が増殖し、形成される良性の腫瘍を乳腺線維腺腫といいます

乳がんと紛らわしいものですが、20〜30代の若い女性に多く見られ、初潮後の10代の方でもあります。

その他にははのう胞(液体のたまった袋)、葉状腫瘍(線維腺腫の一種ですが、ちょっと悪性に近い)
などもあります。


☆乳腺線維腺腫の原因

原因はまだよくわかっていません。
妊娠すると大きくなったり、あるいは閉経すると小さくなったりするので、女性ホルモンとの関係が
あるようです。


☆乳腺線維腺腫の症状
痛みはなく、1〜2cmのしこりができることが多いです。
乳房の中でつるっとしたしこりがころころと動きます。余談ですが、
良性の腫瘍は癒着がないのでつるつる動くことが多いのです。

若い女性によく見られ、多くは1〜3センチ位の球状のしこり、または卵状のしこりに成長します。

表面はなめらかで、しこりの形もはっきりしており、触れると皮膚の下でころころよく動くのが特徴です。

痛みは特にありません。

なお、乳腺線維腺腫は徐々に大きくなりますが、線維腺腫とよく似たしこりが急に大きくなるような
場合は、乳腺葉状腫瘍が疑われます。

この乳腺葉状腫瘍もほとんどは良性ですが、ときに悪性化する場合もあります。


☆乳腺線維腺腫の治療

小さくて明らかに良性のようなら経過観察でOKです。
まれに急激に大きくなることもあり、乳がんと区別が難しい時は細胞をとって調べます。しこりを
切除することもあります。

年齢的に若くて、しこりも小さいうちは、特別な治療の必要はありません。定期的に通院しながら、
経過を観察していきます。

しこりが大きくなれば手術して摘出しますが、この手術は通院でも行うことができ、傷跡もほとんど
わからなくなります。

摘出手術は局所麻酔をかけて皮膚を数センチ切開し、しこりを取り出すというごく簡単なもので、
通常は10〜20分で終了します。

乳腺線維腺腫は良性の腫瘍なのでほとんど転移することはありませんが、まれに、再度同じ所に
しこりができる人もいます。


乳腺症とは

乳腺症は乳腺の良性疾患で、乳腺疾患の中で最も多いものです。
30代〜40代の女性によくみられます。ガンと違って、顕微鏡で組織を見たときに悪性所見がないのが特徴です。

乳腺異形成、乳腺炎などの乳腺の変化を総称していいます。
発生率は全女性の約60%とされています。


☆乳腺症の症状
乳腺のしこり、痛み、乳頭分泌などごあります。
左右共に症状が現れたり、片側のみのこともあります。

『生理前に痛む』といったことがよくあります。
また乳腺症の分泌物は白い透明なもので、量はあまり多くないです。

この症状は、健康的な乳房でもよくみられます。


☆乳腺症の原因
エストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンがありますが、このふたつのバランスが崩れてしまい、エストロゲンが過剰になることが原因です。

30歳〜50歳の女性によくみられ、閉経後の女性ではまれな病気です。
遺伝性や、動物性脂肪のとりすぎなど食生活にも影響されます。


☆乳腺症の対処法
ホルモンバランスを正常に戻すようにすることが一番です。
ストレスをためないことも大事なことです。

ワイヤー入りのブラジャーで乳房を固定するとで痛みが楽になることもあります。

脂肪の多い食事やカフェインを控えるとよいでしょう。

痛みがひどい場合は痛み止めを使用したり、それでもだめな場合はホルモン療法を行います。


☆乳腺症の治療

痛みの症状が強い場合、治療を行います。経口避妊薬を処方することで症状を軽減することがよくあります。

重症例の場合、、ダナゾール(ある種の合成アンドロゲン)を用いることがあります。
重症になる前に、予防として乳腺の自己健診が重要です。


“û‘B‰Š‚Æ‚Í

“û‘B‰Š‚Æ‚Í�A“û‘B‚ª‰Š�Ç‚ð‹N‚±‚·•a‹C‚Å‚·�B�oŽYŒã‚ÌŽYåñ�EŽö“ûŠú‚É”­�¶‚µ�A‚¨‚Á‚Ï‚¢‘S‘Ì‚ª
�Ô‚­Žî‚ê�A‚¤‚¸‚­‚悤‚È’É‚Ý�A‚µ‚±‚è�A”­”M‚È‚Ç‚Ì�Ç�󂪂 ‚è‚Ü‚·�B
Œ´ˆö‚Æ‚µ‚Ä‚Í�׋ۊ´�õ‚ª‚ ‚è‚Ü‚·�B

Žö“û‚ðŽn‚ß‚Ä‚Q�C‚R�TŠÔŒã‚É”­�¶‚·‚é‹}�«“û‘B‰Š‚Æ�A–��«‰»‚µ‚â‚·‚¢“û—Ö‰º”^ᇂª‘ã•\“I‚Å‚·�B


�™“û‘B‰Š‚ÌŒ´ˆö

Œ´ˆö‚ÍŽå‚É2‚‚ ‚è‚Ü‚·�B
‚P�j‚¤‚Á‘Ø�«“û‘B‰Š�¨•ê“û‚̒ʂ蓹‚Å‚ ‚é“ûŠÇ‚ÌŠJ‚«‚ªˆ«‚©‚Á‚½‚è‚·‚邱‚Æ‚ªŒ´ˆö‚Å�A“û–[‚Ì’†‚Å
‚½‚Ü‚è‚·‚¬‚½•ê“û‚ª•ª‰ð‚µ‚ĉŠ�Ç‚ð‹N‚±‚·�B�A

‚Q�j‰»”^�«“û‘B‰Š�¨“ûŽñ‚É�¬‚³‚È��‚ª‚‚«�A‚»‚Ì��‚©‚ç˜A�½‹…‹Û‚≩�FƒuƒhƒE‹…‹Û‚È‚Ç‚Ì�׋ۂª
�N“ü‚µ‚ĉŠ�Ç‚ð‹N‚±‚·�B

‰»”^�«“û‘B‰Š‚Ì‚Ù‚¤‚ª�Ç�ó‚͂Ђǂ­�A�‚”M‚â˜e‚̉º‚̃Šƒ“ƒp�ß‚Ì’É‚Ý�A�i�s‚·‚é‚ÆŒŒ‚Ì�¬‚¶‚Á‚½
•ê“û‚ª�o‚½‚è�A‚¤‚Ý‚ª‚ł邱‚Æ‚à‚ ‚é�B


�™‹}�«“û‘B‰Š ‚Æ‚Í

“Á‚É�‰ŽY•w‚³‚ñ‚ªŽö“û‚ð‚Í‚¶‚ß‚Ä‚Q�|‚R�TŠÔŒã‚É”­�Ç‚·‚邱‚Æ‚ª‘½‚¢�B

�Ô‚¿‚á‚ñ‚ª‚¢‚Á‚Ï‚¢‹z‚Á‚Ä‚­‚ê‚È‚¢‚Æ�A‚¨‚Á‚Ï‚¢‚Ì—¬‚ꂪˆ«‚­‚È‚è�A‚¨‚Á‚Ï‚¢‚ª’â‘Ø‚µ‚Ü‚·�B
Žö“û‚É‚æ‚è“û“ª‚â“û“ªŽüˆÍ‚̔畆‚ª��‚‚¢‚Ä�A‚»‚Ì��‚©‚ç�׋ۂªŠ´�õ‚µ‚Ä“û‘B‚̉Š�Ç‚ð
‚«‚½‚µ‚½‚à‚Ì‚Å‚·�B


�™“û—Ö‰º”^ᇂƂÍ

“û“ª‚Ì‚Ü‚í‚è‚Ì�F‘f’¾’…‚µ‚Ä‚¢‚é”畆‚ð“û—Ö‚Æ‚¢‚¢‚Ü‚·‚ª�A‚±‚̉º‚É‚Å‚«‚½‚¨‚Å‚«‚ð“û—Ö‰º”^á‡
‚Æ‚¢‚¢‚Ü‚·�B

Š×–v“û“ª‚É�‡•¹‚·‚邱‚Æ‚ª‘½‚­�A�ØŠJ”r”^‚Å�Ç�ó‚ÍŒyŒ¸‚µ‚Ü‚·�B


�™“û‘B‰Š‚ÌŽ¡—Ö@
�u‚¤‚Á‘Ø�«�v‚Ì�ê�‡‚Í�A“û–[‚ð‰·‚ß‚Äƒ}ƒbƒT�[ƒW‚µ�A‚½‚Ü‚Á‚Ä‚¢‚é•ê“û‚ð�o‚µ‚Ü‚·�B
�Ô‚¿‚á‚ñ‚ª•ê“û‚ðˆù‚ñ‚Å‚­‚ê‚È‚¢�ê�‡‚É‚Í�ï‚è�o‚µ‚Ä�A‚½‚ß‚È‚¢‚悤‚É‚·‚é�B

�u‰»”^�«�v‚Ì�ê�‡‚Í�A�R�¶•¨Ž¿‚Æ�Á‰Š’Á’É�Ü‚ð•ž—p‚µ‚Ü‚·�B
Žö“û‚𒆎~‚µ�AŽ¡‚é‚Ü‚ÅŽhŒƒ‚ð—^‚¦‚È‚¢‚悤‚É‚µ‚Ü‚µ‚傤�B


“û‚ª‚ñ

”NŠÔ1–œ�l‚ª–½‚ð—Ž‚Æ‚·‚Æ‚³‚ê‚Ä‚¢‚é“û‚ª‚ñ�B
“û‚ª‚ñ‚É‚©‚©‚é�l‚Í”N�X‘�‰ÁŒXŒü‚É‚ ‚è�AŒ»�Ý“ú–{�l‚Ì�—�«‚Å‚Í�A•w�l‰ÈŒn‚Ì•a‹C‚Ì’†‚Å
�Å‚à•p“x‚Ì�‚‚¢‚ª‚ñ‚Æ‚È‚Á‚Ä‚¢‚Ü‚·�B

•ê�e‚âŽo–…‚É“û‚ª‚ñ‚É‚È‚Á‚½�l‚ª‚¢‚é�ê�‡‚Í�A“û‚ª‚ñ‚̃ŠƒXƒN‚ª�­‚µ�‚‚­‚È‚è‚Ü‚·�B


“û‚ª‚ñ‚Ì�Ç�ó‚Æ‚µ‚Ä‚ÍŽŸ‚̂悤‚È‚à‚Ì‚ª‚ ‚è‚Ü‚·�B

�¦ “û–[‚É‚µ‚±‚肪‚ ‚é�B
�¦ ‚í‚«‚̉º‚É‚µ‚±‚肪‚ ‚é�¨ƒŠƒ“ƒp�ß‚ª�d‚­�G‚ê‚é
�¦ “û“ª‚ÌŽ¼�]�E‚½‚¾‚ê�E‚Ñ‚ç‚ñ
�¦ “û“ª‚©‚ç�AŒŒ‚ª�¬‚¶‚Á‚½’ƒŠŒ�F•ª”啨
�¦ Žè‚ð�ã‚°‚é‚Æ“û–[‚É‚Ö‚±‚Ý‚â‚Ђ«‚‚ꂪ‚Å‚«‚é

‚µ‚±‚肪‚ ‚Á‚Ä‚à—Ç�«‚Ì�ê�‡‚à‚ ‚è‚Ü‚·�B


“û‚ª‚ñ‚É‚È‚è‚â‚·‚¢‚͈̂ȉº‚̂悤‚È�ê�‡‚Å‚·�B

�¦ƒJƒ�ƒŠ�[‚Ì�‚‚¢�HŽ–�AŽ‰–b‚Ì‘½‚¢�HŽ–‚ª‘½‚¢”ì–ž‚¬‚Ý‚Ì�l
�¦�‰’ª”N—î‚Ì‘�‚¢�l
�¦•ÂŒo”N—î‚Ì’x‚¢�l
�¦Žq‹Ÿ‚Ì�”‚ª�­‚È‚¢�l‚âŽq‹Ÿ‚Ì‚¢‚È‚¢�l
�¦�‰ŽY”N—’x‚¢�l

“û‚ª‚ñ‚ÌŽè�p‚ðŽó‚¯‚½�l‚Ì‚¤‚¿�A‚Q�`‚R�“‚Í”½‘Α¤‚Ì“û–[‚É‚à‚ª‚ñ‚ª‚Å‚«‚邱‚Æ‚ª‚ ‚è�A
“Á‚É•ê�e‚âŽo–…‚É“û‚ª‚ñ‚É‚È‚Á‚Ä‚¢‚é�ê�‡‚Í�A‚»‚̃ŠƒXƒN‚Í‘å‚«‚­‚È‚è‚Ü‚·�B


“û‚ª‚ñ‚Ì�f’f•û–@

�™�ê–åˆã‚É‚æ‚é’èŠúŒŸ�f

30�΂ð‰ß‚¬‚½‚ç�A”N‚P‰ñ‚Í�ê–åˆã‚É‚æ‚é’èŠúŒŸ�f‚ðŽó‚¯‚Ü‚µ‚傤�B
Ž©•ª‚Å”­Œ©‚·‚邱‚Æ‚ª‚Å‚«‚È‚¢‚悤‚È�A�¬‚³‚È‚µ‚±‚è‚àŒ©‚‚©‚邱‚Æ‚à‚ ‚è‚Ü‚·�B
‚Ü‚½�A�ê–åˆã‚ª‚µ‚±‚è‚Ì�ó‘Ô‚ð�G�f‚·‚邱‚Æ‚É‚æ‚Á‚Ä�A—Ç�«‚©ˆ«�«‚©‚ª‚ ‚é’ö“x‚Í‚í‚©‚è‚Ü‚·�B


�™“ú�í‚Å‚«‚鎩ŒÈŒŸ�f

20�΂ð‰ß‚¬‚½�—�«‚Í–ˆŒŽ�A�¶—�‚ª�I‚í‚Á‚Ä�”“úˆÈ“à‚É�B
•ÂŒoŒã‚â�¶—�‚Ì‚È‚¢�—�«‚Í–ˆŒŽŒˆ‚Ü‚Á‚½“ú‚É�A‚µ‚±‚肪‚ ‚é‚©‚Ç‚¤‚©‚ðŽ©•ª‚ÅŒŸ�¸‚·‚é‚Æ‚æ‚¢‚Å‚µ‚傤�B

ŒŸ�¸•û–@‚͓‚­‚ ‚è‚Ü‚¹‚ñ�B
‹¾‚ÅŒ©‚È‚ª‚ç“û–[‚Ì‚©‚½‚¿‚̕ω»�A‚­‚Ú‚Ý‚Ì—L–³‚â”畆‚Ì�F‚̕ω»‚𒲂ׂ½‚è�AŽ©•ª‚Å�G‚Á‚Ä
‚µ‚±‚è‚ð’T‚µ‚Ü‚·�B
‚³‚ç‚É“û“ª‚©‚番”啨‚ª‚ ‚é‚©‚𒲂ׂ܂·�B

‚à‚µˆÙ�킪Œ©‚‚©‚Á‚½‚ç‚È‚é‚ׂ­‘�‚­“û‚ª‚ñ�ê–åˆã‚ðŽó�f‚µ‚Ü‚µ‚傤�B


�™ƒ}ƒ“ƒ‚ƒOƒ‰ƒtƒB�[‚É‚æ‚錟�¸

ƒ}ƒ“ƒ‚ƒOƒ‰ƒtƒB�[ŒŸ�¸‚͉¢•Ä‚ł͈ê”Ê“I‚ÈŒŸ�¸‚Å‚·�B
40�ΈÈ�ã‚Ì�—�«‚Ì“û‚ª‚ñŒŸ�f‚Í�]—ˆ‚ÌŽ‹�G�f‚¾‚¯‚Å‚Í‚È‚­�Aƒ}ƒ“ƒ‚ƒOƒ‰ƒtƒB�[�i“û–[ƒŒƒ“ƒgƒQƒ“ŽB‰e�j
‚ð‚µ‚½‚Ù‚¤‚ªŠmŽÀ‚Å‚·�B

�wƒ}ƒ“ƒ}�x‚̓‰ƒeƒ“Œê‚Å�w“û–[�x‚Ì‚±‚Æ�B‚¾‚©‚ç“û–[‚̃Œƒ“ƒgƒQƒ“ŽÊ�^‚ð‚Ƃ錟�¸‚Í�wƒ}ƒ“ƒ‚ƒOƒ‰ƒtƒB�[(mammagraphy)�x‚Æ‚È‚è‚Ü‚·�B

ŒŸ�¸‚Í‚Ü‚¸�A“û–[‚ð‚¬‚è‚¬‚è‚Ü‚Å•½‚ç‚ɂ‚Ԃµ‚ĉŸ‚³‚¦‚Ü‚·�B
‚¬‚肬‚è‚܂ʼnŸ‚µ•t‚¯‚邱‚Æ‚É‚æ‚Á‚Ä�A”픚—Ê‚ðŒ¸‚ç‚µ�A“à•”‚Ì�\‘¢‚ð�ãŽè‚­ŽÊ‚·‚½‚ß‚È‚Ì‚Å‚·�B

’É‚Ý‚ÌŠ´‚¶•û‚É‚ÍŒÂ�l�·‚ª‚ ‚è‚Ü‚·‚ª�A‚¿‚å‚Á‚Æ’É‚­Š´‚¶‚é‚©‚à‚µ‚ê‚Ü‚¹‚ñ�B

ŽÀ�Û‚ÉŽB‰e‚³‚ꂽ“û–[‚̃}ƒ“ƒ‚ƒOƒ‰ƒtƒB�[ŽÊ�^‚Ì‚È‚©‚Å”’‚­‚Ý‚¦‚é‚Ì‚ª“û‘B‚Å‚·�B
“û‚ª‚ñ‚ÉŒÀ‚炸‚µ‚±‚肪‚ ‚é‚Æ”’‚¢‰e‚Æ‚µ‚ÄŒ©‚¦‚Ü‚·�B
“û‚ª‚ñ‚É‘½‚¢�ΊD‰»‚à‚݂‚¯‚邱‚Æ‚ª‚Å‚«‚Ü‚·�B

ƒ}ƒ“ƒ‚ƒOƒ‰ƒtƒB�[‚Ì�ê�‡‚Å‚Í�AŽ‹�G�f‚æ‚è‚à�¬‚³‚¢ƒKƒ“‚ðŒ©‚Â‚¯‚邱‚Æ‚ª‰Â”\‚Å‚·‚µ�A
•¡�”‚̈ãŽt‚ł̉摜‚ðƒ`ƒFƒbƒN‚·‚邱‚Æ‚à‚Å‚«‚é‚Æ‚¢‚¤‘å‚«‚ȃ�ƒŠƒbƒg‚ª‚ ‚è‚Ü‚·�B



Page: 1

TOPPAGE  TOP 
  • SEO
  • loading
  • 婦人科病気・疾患と性交痛の原因
RSS2.0