婦人病・婦人科病気とその症状、原因、治療について解説します。 女性特有のがん、腫瘍については早期発見、早期治療すれば完治する病気が多いのです。女医さんのいる婦人科情報も掲載中。

300外陰部・膣の病気

—Ò•a

—ҋۂ̓Oƒ‰ƒ€‰A�«‹…‹Û‚ÅŒ`‚Í‚»‚ç‚Ü‚ß�ó‚Å‚ ‚è�A‹Û‘Ì•\–Ê‚É�ü–Ñ(pili)‚ª‚ ‚è�A‚±‚ꂪ
ƒqƒg‚Ì”S–Œ�×–E•\–Ê‚É•t’…‚µ�AŠ´�õ‚µ‚Ü‚·�B

�ö•šŠúŠÔ ‚Í�A’j�«‚Å‚Í‚R�`‚P‚O“úŠÔ�A�—�«‚É‚¨‚¢‚Ä‚ÍŽ©Šo�Ç�ó‚à–R‚µ‚­”»‘R‚Æ‚µ‚È‚¢‚±‚Æ‚ª‘½‚¢‚Å‚·�B

Š´�õŒã�A”S–Œ�×–E‚ÌæÃ�H�ì—p‚É‚æ‚è�×–E“à‚ÉŽæ‚è�ž‚Ü‚ê�A‚»‚±‚Å‘��B‚·‚邱‚Æ‚É‚æ‚è�×–E‚ð”j‰ó‚µ‚Ü‚·�B

”S–Œ�×–E�i‰~’Œ�ã”ç�j‚É�D‚ñ‚Å•t’…‚µ�A’j�«‚Å‚Í”A“¹�A�¸‘ƒ�ã‘Ì�A�—�«‚Å‚ÍŽq‹{èòŠÇ�A—‘ŠÇ‚È‚Ç‚ÉŠ´�õ‚·‚é�B‚µ‚©‚µ�AäS�A‹T“ª�AŠO‰A•”‚È‚Ç‚Í�G•½�ã”ç�×–E‚ƌĂ΂ê‚é�×–E‚©‚ç�\�¬‚³‚ê‚Ä‚¨‚è�A—ҋۂɑ΂·‚銴Žó�«‚Í‚È‚­�AŠ´�õ‚ª�¬—§‚·‚邱‚Æ‚Í‚ ‚è‚Ü‚¹‚ñ�B

—Ò‹Û‚ÍŠOŠE‚Å‚Ì’ï�R—Í‚ªŽã‚­�AŽ©‘RŠE‚É�¶‘§‚µ‚¦‚¸�A—ÒŽ¾Š³ŽÒ‚Ì‚Ý‚É�¶‘§‚·‚é�B

�]‚Á‚Ä�AŠÔ�ÚŠ´�õ‚Í‹N‚±‚炸�A‚Ù‚Æ‚ñ‚Ç‚ª�«Œð‚È‚Ç‚Ì’¼�ÚŠ´�õ‚Å�A‰»”^�«‰Š�Ç‚ð‹N‚±‚·�B
‚·‚È‚í‚¿�Aˆê”Ê“I‚È“ú�í�¶Šˆ‚͈͓̔à‚Å‚ÌŽ©‘RŠE‚©‚ç‚ÌŠ´�õ‚Í‚ ‚è‚Ü‚¹‚ñ�B

�y�Ç�ó�z
�i�—�«‚Ì�ê�‡�j
äS‚©‚物�F‚¢‚¨‚è‚à‚Ì‚ª�o‚é‚悤‚É‚È‚è�AŠO‰A•”‚ª �Ô‚­Žî‚ꂽ‚è�A‚©‚ä‚­‚È‚Á‚½‚è‚·‚éƒP�[ƒX‚à‚ ‚è‚Ü‚·�B
’j�«‚ƈá‚Á‚Ä�A‚Ù‚Æ‚ñ‚ÇŽ©Šo‚µ‚È‚¢‚Ü‚Ü•a‹C‚Í�i�s‚·‚é‚Ì‚Å”­Œ©‚ª’x‚ê‚Ü‚·�B

�‰Šú‚ÌŠ´�õ‚É‹C‚©‚¸‚É�Ç�ó‚ª�i‚ñ‚Å‚µ‚Ü‚¤‚Æ�A —Ò‹Û�«äS‰Š�AŽq‹{“à–Œ‰Š�A—‘ŠÇ‰Š‚Ì”­•a‚ð‚Ü‚Ë‚«�A‰º• •”‚ÌŒƒ‚µ‚¢’É‚Ý‚ðˆø‚«‹N‚±‚·‚±‚Æ‚É‚È ‚è‚Ü‚·�B

Žq‹{ŠO”D�P‚â•s”D�Ç‚ÌŒ´ˆö‚ƂȂ邱‚Æ‚à‚ ‚è�A‚Ì‚Ç‚ÉŠ´�õ‚µ‚½�ê�‡‚͈ô“ª‰Š‚ð‹N‚±‚µ‚Ü‚·�B

�Ë—Ò•a�i�—�«—p�j—X‘—ŒŸ�¸ƒLƒbƒg

�yŠ´�õŒo˜H�z
—Ò‹Û‚É‚æ‚銴�õ‚ł͈ȉº‚ÌŠ´�õŒo˜H‚ª‚ ‚è‚Ü‚·�B

�œ�«Œð
�«Œð‚É‚æ‚è’j�«—Ò‹Û�«”A“¹‰Š‚ª�—�«Žq‹{èòŠÇ‚Ö�A‹t‚É�—�«‚©‚ç’j�«‚Ö‚Í—Ò‹Û�«Žq‹{èòŠÇ‰Š‚ª’j�«”A“¹‚ÉŠ´�õ‚·‚é�B

�œƒI�[ƒ‰ƒ‹ƒZƒbƒNƒX
’j�«—Ò‹Û�«”A“¹‰Š‚ª�—�«ˆô“ª‚Ö�A‚ ‚é‚¢‚Í‹t‚É�—�«‚Ì—Ò‹Û�«ˆô“ª‰Š‚ª’j�«”A“¹‚ÖŠ´�õ‚·‚é�B
‚Ü‚½—Ò‹Û�«Žq‹{èòŠÇ‰Š‚ª’j�«ˆô“ª‚Ö‚àŠ´�õ‚·‚é�B
‚Ü‚½�Aãè–å�«Œð‚Í—Ò‹Û�«’¼’°‰Š‚ð”­�Ç‚³‚¹‚¤‚é�B

‚Ü‚½ˆô�A‚Ì—Ò•aŠ´�õ‚Í�«ŠíŠ´�õ‚É”ä‚×�AŽ¡—ÂɎžŠÔ‚ª‚©‚©‚é‚Æ‚¢‚í‚ê‚Ä‚¢‚Ü‚·�B
‚±‚Ì—�—R‚ɂ‚¡‚Ä‚Í�«Ší‚âäS‚ƈá‚Á‚ÄŒû‚Ì’†‚É‚Í‚à‚Æ‚à‚Æ�׋ۂª‘½‚­‘¶�Ý‚µ‚Ü‚·�B
‚»‚êŒÌŒû‚Ì’†‚Ì�׋ۂƈô�A‚Ì—Ò•a‚ð”­�Ç‚³‚¹‚½‹Û‚Æ‚ªˆâ“`ŽqŒðŠ·‚ð�s‚¢�A
‚³‚ç‚É�R‘Ì‚ð�ì‚肾‚·‚±‚Æ‚Å�A‚æ‚è‹­‚¢‹Û‚ª”­Œ»‚µ‚â‚¢‚â‚·‚¢‚½‚ß‚Æ�l‚¦‚ç‚ê‚Ä‚¢‚Ü‚·�B
�i—Ò‹Û‚ªˆô“ª‚ÉŠ´�õ‚µ‚ÄŽžŠÔ‚ª‚½‚‚ƈô�A‚Ì�í’“‹Û‚̃iƒCƒZƒŠƒA‹Û‚ƈâ“`ŽqŒðŠ·‚µ‚Ä‘Ï�«‚Ì‹Û‚É‚È‚Á‚Ä‹­‚­‚È‚é‚Æ‚¢‚¤‚±‚Æ‚ª‚ ‚è‚Ü‚·�B�j

‚±‚ꂪ�Aˆô�A‚Ì—Ò•a‚ª�«ŠíŠ´�õ‚Ì�«•a‚æ‚莡‚è‚É‚­‚¢Œ´ˆö‚ÆŒ¾‚í‚ê‚Ä‚¢‚Ü‚·�B

‚±‚̂悤‚É—Ò•a‚̈ô�AŠ´�õ‚ð•ú’u‚µ‚Ä‚¢‚é‚Æ�A‘Ï�«‹Û‚Ì�oŒ»‚Å�R�¶•¨Ž¿‚ªŒø‚©‚È‚­‚È‚è
Ž¡‚è‚É‚­‚­‚È‚é‹°‚ê‚à‚ ‚è‚Ü‚·‚Ì‚Å’�ˆÓ‚ª•K—v‚Å‚·�B
ˆô�AŠ´�õ‚ª‹^‚킵‚¢‚Æ‚«‚Í‘�–Ú‚ÌŒŸ�¸‚ð‚¨‚·‚·‚ß‚µ‚Ü‚·�B

>>

�œŽY“¹Š´�õ

ŽY“¹‚Å‚ ‚éŽq‹{èòŠÇ‚Ì—Ò‹ÛŠ´�õ‚ªŽ™‚ÉŠ´�õ‚·‚é‚Æ�A�V�¶Ž™Œ‹–Œ‰Š‚ð”­�Ç‚³‚¹‚¤‚é�B

�yŒŸ�¸–@�z
ŒŸ�¸•û–@‚Í�A‚¨‚è‚à‚Ì‚ðŒŸ�¸‚µ�A—Ò‹Û‚Ì—L–³‚ðŠm”F‚µ‚Ü‚·�B

“¯Žž‚É”A“¹‚Ì—Ò‹Û‚Ì—L–³‚à’²‚ׂ܂·�B
•a‰@‚Ö�s‚­ŽžŠÔ‚ª‚È‚©‚È‚©‚Æ‚ê‚È‚¢�A•a‰@‚Å‚ÌŒŸ�¸‚Í’p‚¸‚©‚µ‚¢�E�E‚Æ‚¢‚¤•û�A

Ž©‘î‚ÅŽèŒy‚É‚Å‚«‚é�u—X‘—ŒŸ�f�v‚ÅŒ’�í‚ðŠm”F‚·‚邱‚Æ‚à‰Â”\‚Å‚·ƒˆ�B

•v•w‚â—ö�l‚Ç‚¤‚µ‚Å’m‚ç‚È‚¢‚¤‚¿‚ÉŠ´�õ‚µ‚Ä‚¢‚邱‚Æ‚à‚ ‚è‚Ü‚·�B
Ž¾Š³—\–h�A‘�Šú”­Œ©‚ÌŠ´�õ–hŽ~‚ª‘å�Ø‚Å‚·�B ƒp�[ƒgƒi�[‚Æ‚Æ‚à‚ÉŒŸ�¸‚µ‚Ü‚µ‚傤�B

’j�«‚ÍŒŸ”A�A�—�«‚ÍäS•ª”啨ŒŸ�¸‚Å–ñ‚P�`‚Q�TŠÔ‚ÅŒŸ�¸Œ‹‰Ê‚ª‘—‚ç‚ê‚Ä‚«‚Ü‚·�B


–Ñ‚¶‚ç‚Ý

ƒPƒWƒ‰ƒ~‚ÉŠ´�õ‚·‚é‚͉̂A–Ñ‚ª’¼�Ú�Ú�G‚·‚邱‚Æ‚ª‚Ù‚Æ‚ñ‚Ç‚Å�A‚»‚ÌŒ‹‰Ê‚©‚Ȃ范‚µ‚¢áy‚Ý‚Æ‚È‚è‚Ü‚·�B

ƒPƒWƒ‰ƒ~‚ÌŠ´�õ‚Í’Ê�í�«�sˆ×‚É‚æ‚é�Ú�GŠ´�õ‚ª‚Ù‚Æ‚ñ‚Ç‚Å‚·‚ª�A�Ú�G‚ª‘½‚¢•êŽqŠÔ�Aˆß—Þ‚â–Ñ•z�Aƒ^ƒIƒ‹—Þ‚È‚Ç‚ð‰î‚µ‚Ä�AŠÔ�Ú“I‚ÉŠ´�õ‚·‚éƒP�[ƒX‚à‚ ‚è‚Ü‚·�B

Ž¡—Âɂ͉A–Ñ‚ð‘S•”‚»‚邱‚Æ‚ª‚à‚Á‚Æ‚àŒø‰Ê“I‚Å‚·�BŠñ�¶�ê�Š‚ð‘S•”‚»‚é‚Ì‚ªŠmŽÀ‚Å‚·‚ª�A‚Å‚«‚È‚¢‚Æ‚«‚Í–ò—p‚̃Vƒƒƒ“ƒv�[‚âƒpƒEƒ_�[‚ÌŽg—p‚É‚æ‚莡—µ‚Ü‚·�B

‰A–Ñ‚ª�«�sˆ×‚É‚æ‚é�Ú�G‚ÅŠ´�õ‚·‚é‚Ì‚Å�AƒRƒ“ƒh�[ƒ€‚Å‚Í—\–h‚Å‚«‚Ü‚¹‚ñ�B

ƒPƒWƒ‰ƒ~�Ç‚Æ“¯Žž‚É‘¼‚ÌSTD‚ÉŠ´�õ‚µ‚Ä‚¢‚邱‚Æ‚à‘½‚­�A”~“Å‚â‚g‚h‚u‚È‚Ç‚ÌŒŸ�¸‚ð�s‚¤‚±‚Æ‚ª–]‚Ü‚ê‚Ü‚·�B

�„�„�@�y�¡‚·‚®ƒ`ƒFƒbƒN�I�z�«•a‚©‚à�H‚ÆŽv‚Á‚½‚ç �Ÿ�«•aŒŸ�¸ STDƒ`ƒFƒbƒJ�[�Ÿ


�yƒPƒWƒ‰ƒ~‚Æ‚Í‚Ç‚ñ‚È’Ž‚Å‚µ‚傤�H�z
ƒPƒWƒ‰ƒ~‚Æ‚Í‹zŒŒ�«�©’Ž‚Å�A‚»‚Ì‘Ì‚Ì“Á’¥‚Í�­‚µ’ƒ�F–¡�`ŠD�F‚ª‚©‚Á‚½”’�F‚Å�A‰~Œ`‚É‹ß‚­�A�GŠo‚ðŽ�‚Â�¬‚³‚È“ª•”‚ÆŒv‚U–{‚Ì‹r‚ª‚ ‚è‚Ü‚·�B

ƒVƒ‰ƒ~‚̈êŽí‚Å‚·�B
�i‘Ì’·�j�Gƒ�ƒX�¬’Ž�Ë1.0�`1.2mm‚­‚ç‚¢
�@�@�@�@�@ƒIƒX�¬’Ž�Ë0.8�`1.0mm‚­‚ç‚¢

—‘�`�¬’Ž�`Ž€‚Ê‚Ü‚Å–ñ1ƒ–ŒŽ‚قǂ̃TƒCƒNƒ‹‚Å�A‘å‘Ì—‘‚ð30�`40ŒÂ‚Ù‚ÇŽY‚Ý�A1�TŠÔ’ö“x‚Å‚©‚¦‚è‚Ü‚·�B—‘‚Í–Ñ‚Ì�ªŒ³‹ß‚­‚É–§�W‚µ‚Ä�A�Ú’…�Ü—l‚È•¨Ž¿‚ŌŒ肳‚ê‚Ü‚·�B—‘‚͉A–Ñ‚ÉŠñ�¶‚·‚邱‚Æ‚ª‘½‚­�iƒqƒQ�A“ª”¯‚É‚àŠ´�õ‚·‚邱‚Æ—L�j�A�lŠÔ‚ÌŒŒ‚ð‹z‚¢‚Ü‚·�B

‰ß‹ŽŒƒŒ¸‚µ‚Ä‚¢‚Ü‚µ‚½‚ª�A1990”N‘ã’†� ‚æ‚芴�õŽÒ‚ª‘�‰Á‚µ‚Ä‚¢‚Ü‚·�B


�yƒPƒWƒ‰ƒ~�Ç‚ÌŠ´�õŒo˜H�z

Š´�õ‚͉A–Ñ‚ª’¼�Ú�Ú�G‚·‚邱‚Æ‚ª‚Ù‚Æ‚ñ‚Ç‚Å‚·‚ª�A�Ú�G‚ª‘½‚¢•êŽqŠÔ�Aˆß—Þ‚â–Ñ•z�Aƒ^ƒIƒ‹—Þ‚È‚Ç‚ð‰î‚µ‚Ä�AŠÔ�Ú“I‚ÉŠ´�õ‚·‚éƒP�[ƒX‚à‚ ‚è‚Ü‚·�B


�yƒPƒWƒ‰ƒ~�Ç�Ç�ó�z�i’j�«�A�—�«‚Æ‚à‹¤’Ê�j

ƒPƒWƒ‰ƒ~‚ÍŽå‚ɉA–Ñ‚ÉŠñ�¶�A‚Ü‚½ãè–åŽüˆÍ�Aƒ�ƒL–Ñ�A‹¹–Ñ‚È‚Ç‚Ì‘Ì–Ñ‚â�A‚Ü‚ê‚É“ª”¯‚â‚Ђ°‚É‚àŠñ�¶‚µ‚Ü‚·�B

‚»‚Ì�Ç�ó‚ÍŠ´�õ‚µ‚½•”ˆÊ‚ÉŒƒ‚µ‚¢áy‚Ý‚ª‚ ‚è‚Ü‚·�B

�i“Á’¥�j
�E‚Ü‚ê‚ÉŠ´�õ‚µ‚Ä‚àáy‚Ý‚Ì‚È‚¢�l‚à‚¢‚Ü‚·�B
�Eáy‚Ý‚ª‚ ‚Á‚Ä‚à�A’Ê�펼�]‚ª�o‚Ü‚¹‚ñ
�E‰º’…‚É�•�F‚Ì“_�ó‚Ì‚µ‚Ý‚ª‚‚¢‚Ä‚é�ê�‡‚ª‚ ‚è‚Ü‚·�B
�@�@�Ë ‚±‚ê‚̓PƒWƒ‰ƒ~‚ÌŒŒ•³‚Å‚·


�«�sˆ×‚Ì‘ŠŽèˆÈŠO‚ɉƑ°‚È‚Ç‚É‚àŠÈ’P‚ÉŠ´�õ‚µ‚Ü‚·�B‘¬‚â‚©‚ÈŽ¡—ª‘å�Ø‚Å‚·�B

�iŒûŽü•Ó‚Ö‚ÌŠ´�õ‚̉”\�«�j
ƒtƒFƒ‰ƒ`ƒI‚âƒNƒŠƒjƒ“ƒOƒX‚Å‚Ì‚Ç‚É‚ÍŠ´�õ‚µ‚Ü‚¹‚ñ‚ª�AŒûŽü•Ó‚̂Ђ°‚É‚ÍŠ´�õ‚·‚éƒP�[ƒX‚ª‚ ‚è‚Ü‚·�B


�yƒPƒWƒ‰ƒ~�ÇŽ¡—Ã�z
ˆê”ÔŠmŽÀ‚È‘Î�ô‚Í�AƒPƒWƒ‰ƒ~‚ÌŠñ�¶•”ˆÊ‚Ì–Ñ‚ð‘S‚Ä‚»‚邱‚Æ‚Å‚·�B‚»‚µ‚ăPƒWƒ‰ƒ~‚ÌŠñ�¶�ê�Š‚ðƒtƒFƒmƒgƒŠƒ“ƒpƒEƒ_�[‚âƒtƒFƒmƒgƒŠƒ“ƒVƒƒƒ“ƒv�[‚Å�ô‚¢—Ž‚Æ‚µŽE’Ž‚·‚邱‚Æ‚ðŒJ‚è•Ô‚µ‚Ü‚·�B

�iŽ¡—Öò �j
�EƒtƒFƒmƒgƒŠƒ“ƒpƒEƒ_�[
�EƒtƒFƒmƒgƒŠƒ“ƒVƒƒƒ“ƒv�[
�¦Žs”Ì–ò‚Æ‚µ‚Ĕ̔„‚³‚ê‚Ä‚Ü‚·�B
�@�@�˃Xƒ~ƒXƒŠƒ“ƒpƒEƒ_�[
�@�@�@ ƒXƒ~ƒXƒŠƒ“ƒVƒƒƒ“ƒv�[

�–ƒpƒEƒ_�[‚Ì�ˆ’u‚ÌŽd•û
ƒPƒWƒ‰ƒ~‚ÌŠñ�¶•”ˆÊ‚ÉŽU•z‚µ�A1�`2ŽžŠÔŒã‚É�ô‚¢—Ž‚Æ‚µ‚Ü‚·�B

�–ƒVƒƒƒ“ƒv�[‚Ì�ˆ’u‚ÌŽd•û
‚R�`‚T‚�‚Œ‚ð‰A–Ñ‚É“h‚è�A‚T•ªŒã‚É�ô‚¢—Ž‚Æ‚µ‚Ü‚·�B‚±‚Ì–ò�Ü‚Í—‘‚É‚ÍŒø‰Ê‚ª”–‚¢‚Ì‚Å�A—‘‚Ì›z‰»‚·‚鎞Šú‚ðŒ©�ž‚ñ‚Å�A‚R�`‚S“ú‚²‚Æ‚É‚R�`‚S‰ñŒJ‚è•Ô‚µ‚Ü‚·�B

‰A–шȊO‚ÉŠñ�¶‚µ‚Ä‚¢‚é‚Æ‚«‚Í‚»‚Ì•”ˆÊ‚à“¯‚¶‚悤‚É�ˆ’u‚·‚é•K—v‚ª‚ ‚è‚Ü‚·�B

ˆß—Þ‚â�Q‹ï‚È‚Ç‚É‚àƒPƒWƒ‰ƒ~‚ª‚ ‚éŠúŠÔ�i48ŽžŠÔ’ö“x�jŽc‘¶‚µ‚Ä‚¢‚é‰Â”\�«‚à‚ ‚è‚Ü‚·�B”O‚Ì‚½‚߈ߗނƂ©‚à”M�ˆ—�‚âƒhƒ‰ƒCƒNƒŠ�[ƒjƒ“ƒO‚µ‚Ä‚¨‚¢‚¤‚½‚Ù‚¤‚ª‚¢‚¢‚Å‚µ‚傤�B

ƒPƒWƒ‰ƒ~‚Æ—‘‚ª‘S‚Ä‹ì�œ‚³‚ê�Aáy‚Ý‚ª‚È‚­‚È‚ê‚Ί®Ž¡‚Å‚·�B


�yƒPƒWƒ‰ƒ~�Ç—\–h–@�z
ƒRƒ“ƒh�[ƒ€‚ł̓PƒWƒ‰ƒ~‚Í—\–h‚Å‚«‚Ü‚¹‚ñ�B

ƒp�[ƒgƒi�[‚É‚à‚ÌŠ´�õ‚̉”\�«‚ª‚ ‚è‚Ü‚·‚Ì‚Å�AŠ´�õŒã1�`2ƒ–ŒŽŒã‚É�Ç�ó‚ª�o‚邽‚ß�A‚P�`‚Qƒ–ŒŽ‘O‚É�«Œð�‚̂ ‚Á‚½ƒp�[ƒgƒi�[‚ÌŒŸ�¸‚à•K—v‚Å‚·�B

ƒPƒWƒ‰ƒ~�Ç‚Æ“¯Žž‚É‘¼‚ÌSTD‚ÉŠ´�õ‚µ‚Ä‚¢‚邱‚Æ‚à‘½‚¢‚¢‚Æ‚¢‚¢‚Ü‚·�B”~“Å‚â‚g‚h‚u‚È‚Ç‚ÌŒŸ�¸‚à�s‚¤‚±‚Æ‚ª–]‚Ü‚ê‚Ü‚·�B

�@�„�„�@�y�¡‚·‚®ƒ`ƒFƒbƒN�I�z�«•a‚©‚à�H‚ÆŽv‚Á‚½‚ç �Ÿ�«•aŒŸ�¸ STDƒ`ƒFƒbƒJ�[�Ÿ


ƒgƒŠƒRƒ‚ƒiƒXäT‰Š

ƒgƒŠƒRƒ‚ƒiƒXäS‰Š‚Í“÷Šá‚Å‚ÍŒ©‚¦‚È‚¢ƒgƒŠƒRƒ‚ƒiƒXŒ´’Ž‚ª�«Ší“à‚É“ü‚è�ž‚݉Š�Ç‚ð‚¨‚±‚·Š´�õ�Ç‚Å‚·�B‚»‚Ì“Á’¥‚Í’j�«‚æ‚è�—�«‘¤‚É�Ç�󂪋­‚­‚ł邱‚Æ‚â�A�Ä”­‚ðŒJ‚è•Ô‚·“�Ç—á‚à�­‚È‚­‚È‚¢‚±‚Æ‚È‚Ç‚©‚ ‚è‚Ü‚·�B

‚Ü‚½�AŠ´�õŽÒ‚Ì”N—î‘w‚à”ñ�í‚É•��L‚­�A’†�‚”NŽÒ‚Å‚à‚µ‚΂µ‚ÎŒ©‚ç‚ê‚é‚Ì‚à“Á’¥‚Å‚·�B
–³�Ç�óƒp�[ƒgƒi�[‚©‚ç‚ÌŠ´�õ‚É‚æ‚é‚à‚Ì‚ª‘½‚¢‚Æ‚¢‚í‚ê‚Ü‚·�B

�Ä”­‚·‚éƒP�[ƒX‚Æ‚µ‚Ä‚ÍŒ´’Ž‚ÌŽc‘¶‚É‚æ‚é‚à‚Ì�A—×�Ú‘ŸŠí‚©‚ç‚ÌŽ©ŒÈŠ´�õ‚É‚æ‚é‚à‚Ì�AŽá”N‘w‚Å‚ÌŠ´�õ‚à‘½‚­ƒJƒbƒvƒ‹‚ÌŠÔ‚Å�A‚¨ŒÝ‚¢ƒp�[ƒgƒi�[‚©‚ç‚Ì�ÄŠ´�õ‚É‚æ‚é‚à‚Ì‚ª‚ ‚è‚Ü‚·‚Ì‚Å’�ˆÓ‚ª•K—v‚Å‚·�B

�«�sˆ×‚É‚æ‚銴�õ‚ªŽå‚Å‚·‚ª�A�«ŒðŒoŒ±‚Ì‚È‚¢�—�«‚â—cŽ™‚É‚àŠ´�õ‚ªŒ©‚ç‚ê‚邱‚Æ‚©‚ç�A‘¼‚ÌŠ´�õŒo˜H�A‰º’…�Aƒ^ƒIƒ‹�A•ÖŠí�A—�‘…‚Å‚ÌŠ´�õ‚È‚Ç‚ª’m‚ç‚ê‚Ä‚¢‚Ü‚·�B


�yƒgƒŠƒRƒ‚ƒiƒXäS‰Š�Ç�ó�z
�i’j�«�j
ˆê”Ê‚É–³�ÇŒó‚Ì‚±‚Æ‚ª‘½‚­�A�Ç�ó‚ª�o‚éƒP�[ƒX‚Å‚à�AŒy‚¢”r”A’É‚ª‚ ‚Á‚½‚è”A“¹‚©‚ç”^‚ª�o‚½‚è�A”A“¹‰Š‚Ì�Ç�ó‚ð‹N‚±‚·‚±‚Æ‚à‚ ‚è‚Ü‚·�B

’Ê�í”A“¹�AäNã÷�A‘O—§‘B‚ȂǂɃgƒŠƒRƒ‚ƒiƒX‚ªŠñ�¶‚µ‚Ü‚·�B”A“¹‚¾‚¯‚ÌŠ´�õ‚Å‚Í•aŒ´‘Ì‚ª”r”A‚Å�ô‚¢—¬‚³‚ê‚é�ê�‡‚à‚ ‚è‚Ü‚·‚ª�AƒgƒŠƒRƒ‚ƒiƒXŠ´�õ‚µ‚Ä‚¢‚é’j�«‚Í‘O—§‘B‰Š‚𕹔­‚µ‚Ä‚¢‚邱‚Æ‚ª‘½‚¢‚悤‚Å‚·�B

‚½‚Æ‚¦‚Q�`‚R�TŠÔ‚Å�Ç�ó‚ª�Á‚¦‚Ä‚àŽ¡–ü‚µ‚½‚킯‚Å‚Í‚È‚­�Aƒp�[ƒgƒi�[‚ÉŠ´�õ‚³‚¹‚Ä‚µ‚Ü‚¤ƒŠƒXƒN‚ª�‚‚­‚È‚è‚Ü‚·�B

�i�—�«�j
�—�«‚Ì�ê�‡‚Í�A’j�«‚æ‚è”ñ�í‚É‘½—l‚È�Ç�ó‚Æ‚È‚è‚Ü‚·�B
�Ç�ó‚Ì‚È‚¢Š´�õŽÒ‚ª‚Q‚O�`‚T‚O�“‚Æ‚¢‚í‚ê‚Ü‚·‚ª�A‚»‚Ì‚R•ª‚Ì‚P‚Í‚UƒJŒŽˆÈ“à‚É�ÇŒó�«‚È‚é‚ÆŒ¾‚í‚ê‚Ä‚¢‚Ü‚·�B‰©�F‚­–A—§‚Á‚½‹­‚¢“õ‚¢‚Ì‚¨‚è‚à‚Ì‚ª‘�‚¦‚ÄŠO‰A�EäS‚ÌŽhŒƒŠ´�A‹­‚¢‘~áyŠ´‚ð‘i‚¦‚Ü‚·�B

ƒZƒbƒNƒXŽž‚â”r”AŽž‚É•s‰õŠ´‚â’É‚Ý‚ð�¶‚¶‚邱‚Æ‚ª‚ ‚è‚Ü‚·�B‚Ü‚½�AŠO‰A•”‚Ì‚©‚ä‚Ý‚â�Ô‚­‚È‚Á‚½‚肵‚Ü‚·�B‚³‚ç‚É�i�s‚·‚é‚Æ�AŠO‰A•”‚É�Ä‚¯‚‚­‚悤‚È’É‚Ý‚à‚ł邱‚Æ‚ª‚ ‚è‚Ü‚·�B

‚±‚¤‚µ‚½Ž©Šo�Ç�ó‚Ì‚Å‚È‚¢�ê�‡‚à‘½‚¢‚Ì‚Å�A’j�«‚̃P�[ƒX“¯‚¶‚悤‚ɃZƒbƒNƒXƒp�[ƒgƒi�[‚ÉŠ´�õ‚³‚¹‚Ä‚µ‚Ü‚¤‰Â”\�«‚à�‚‚­‚È‚è‚Ü‚·�B


�yƒgƒŠƒRƒ‚ƒiƒXäS‰ŠŽ¡—Ã�z
ƒ�ƒgƒ�ƒjƒ_ƒ]�[ƒ‹�Aƒ`ƒjƒ_ƒ]�[ƒ‹‚Ì“à•ž–ò‚©äS�¿–ò‚ðŽg—p‚µ‚Ü‚·�B�i“—á‚Å‚Í�A‚³‚«‚Ì–ò�Ü‚ÌäS�ù‚𕹗p�j�@ˆãŽt‚ÌŽwŽ¦‚Ç‚¨‚è‚P‚O“úŠÔ‚Ù‚Ç‘±‚¯‚ê‚ÎŽ¡‚è‚Ü‚·‚ª�A�Ä”­‚µ‚Ä‚¢‚È‚¢‚©‚Ç‚¤‚©‚ÌŠm”F‚ª‘å�Ø‚Å‚·�B�iŽŸ‰ñŒŽŒoŽž�j


�Ä”­‚ðŒJ‚è•Ô‚µ‚â‚·‚¢•a‹C‚È‚Ì‚Å�A�—�«‚Ì�ê�‡‚Í‹C‚ª‚‚©‚¸‚É•ú’u‚µ‚Ä‚¨‚­‚ƉŠ�Ç‚ª—‘ŠÇ‚Ü‚Å‚·‚·‚Ý�A•s”D�Ç‚â‘�ŽY�A—¬ŽY‚̃ŠƒXƒN‚ª�‚‚Ü‚è‚Ü‚·�B‹^‚킵‚¢�ê�‡‚Í�A‘�–Ú‚ÉŒŸ�¸‚µ‚Ä‚¨‚«‚Ü‚µ‚傤�B


�¢ƒgƒŠƒRƒ‚ƒiƒXäS‰Š‚ðŒŸ�¸‚·‚é‚Ȃ玩‘î‚ÅŠÈ’P�A“½–¼ŒŸ�¸
‚r‚s‚c�@Checker�@‚sype‚a�i�—�«—p�j


尖圭(せんけい)コンジローマ

尖形コンジローマは男性、女性ともに感染後,数週間から2〜3か月を経て,同じような症状が出ます。

うすピンク色または茶色のニワトリのトサカ状(カリフラワー状)か乳頭状(おわんを伏せた形)のイボ状の小腫瘍がたくさんできます。軽い痛みやかゆみがある場合もありますが、自覚症状はほとんどありません。

1)感染の仕方
主にセックス、アナルセックス、フェラチオなどにより感染しますが、皮ふの傷口から感染することもあります。良性の「ヒトパピローマウイルス」が感染源となっています。

2)症状の出る場所

 (男性)
  陰茎、亀頭、包皮の内側、陰のう など
  肛門内や肛門周辺、尿道口にできることもあります。


・ 陰茎亀頭・冠状溝・包皮・大小陰唇・肛門周囲等の性器周辺部にイボ状の小腫瘍が
たくさんできます。

・ 放っておくと、増殖してカリフラワーのようなかたまりになる。
・ 自覚症状はほとんどなく、イボが大きくなったころに不快感を覚える程度。
・ 進行して炎症を起こすと、痛み、かゆみ、性交痛、排尿痛がでることもある。

 (女性)
  大小陰唇、膣前庭、膣、子宮頸部 など
  肛門内や肛門周辺、尿道口にできることもあります。

また、男女の肛門内や肛門周辺、尿道口以外で、まれに口唇・口腔内にもできることがあります。進行するとイボは徐々に大きくなり、数も増えていきます。

3)尖形コンジローマ、ヒトパピローマウイルス、子宮頸がん・・・その関係は?
最近若い女性に増えていると言われる「子宮頸がん」は、悪性型の「ヒトパピローマウイルス」が原因のひとつと考えられています。

子宮頸がんへの変化の可能性があり、早期発見に対処することが重要です。コンジローマは「ヒトパピローマウイルス」が感染源となっています。これには良性と悪性がありコンジローマは良性です。ただし、「ヒトパピローマウイルス」の感染に加え遺伝体質、喫煙、ストレスなどが重なって将来子宮頸がん に細胞変化する可能性がありますので普段から婦人科で定期検診を受けてチェックしておくとよいでしょう。

Ref) >> ◆尖形コンジローマ、ヒトパピローマウイルス、子宮頸がん・・・その関係は?

4)治療
表面のイボを取り除くことしかできず、再発する可能性が高いSTD(性感染症)です。

*イボを取り除く手術方法
   ・外科的切除
   ・凍結療法
   ・電気焼灼(しょうしゃく)
   ・レーザー蒸散(じょうさん)    などの方法があります。

【参考】 フォアダイスとは

尖形コンジローマとよく間違えられる似た症状で「フォアダイス」というものもありますが、
こちらはSTDや病気ではありません。

主に男性のペニスに症状が見られます。
女性の小陰唇に見られることもあります。
頬(ほほ)の内側の粘膜に見られることもあります。


主な症状
・イボやブツブツのようなもの
・陰茎(俗称さお)の部分で、皮ふなどの下にある脂肪の粒が透けて見える。
・亀頭部の冠状溝(俗称 カリ)部分を取り囲むように黄白色の細かい粒が一列に並ぶ。
・包皮小帯(俗称裏スジ)の亀頭の付け根に小さなイボのようなものができる。

(見分け方)
素人目には結構見分け方が難しいです。

尖形コンジローマの外見は、イボの先端がニワトリのトサカ状で、表面がなめらかでなく、大きさはまちまちです。

フォアダイスの外見は、表面がなめらかで大きさは小さく、粒がそろっています。


性器ヘルペス

性器ヘルペス(HSV)は、単純ヘルペスウイルスによって発症する性感染症で,

単純ヘルペスウイルスは1型と2型があり、
1)口唇ヘルペス⇒1型
2)性器ヘルペス⇒2型に分類されます。


【症状】
初感染者の7割が無症状という報告もあり、感染した時の兆候は1型、2型ともにほとんどありません。

感染して症状が現れる場合潜伏期(2日〜10日間)後、典型的なものは性器およびその周辺に水疱が出現し、水疱はほどなく潰れます。潰瘍状になり2〜4週間かかって治癒していきます。この病気の特徴は痛みであり、潰瘍そのものの痛みと神経痛を伴います。

患部近くの神経麻痺、排尿障害、排便障害などの機能障害のケースもあります。


この性器ヘルペスウィルスという感染症の問題は一度感染すると、体内から菌がいなくならない、つまり、完治しないということです。ただし、症状の程度は出現の度に軽くなり、症状の出現間隔もだんだん延長していきます。

また、ヘルペスはタオルや食器などからも感染することがありますので注意が必要です。患部を触った手でそのままタオルなどに触り、それを別の人が使用してしまうと性的行為でなくても感染してしまうケースもあります。


【診断】
特有の水泡と浅い潰瘍で診断は容易で、陽性の診断率は約50%でほとんどが視診による診断です。
症状が出ないときも血液検査で診断できます。


【治療】
ウイルスの増殖を抑える抗ヘルペスウイルス薬を急性型の場合で5〜10日間、再発型では5日間程度服用します。抗ヘルペス剤(商品名:バルトレックス・ゾビラックス)の内用および抗ヘルペス剤軟膏塗布
の治療を行います。

症状が悪化している場合は入院して、注射や点滴などの治療が必要になるケースもあります。


【予後】
性器ヘルペスウイルスの特徴は、神経節に潜伏して発症を繰り返すことです。

女性の場合は性器ヘルペスウイルスは月経が来るたびに発症し、精神的にまいるケースもあります。そうなると根気強い治療が大切です。また女性で妊娠している人がヘルペスに感染して、もしお腹の子に感染すると死亡する可能性もありますので注意が必要です。
妊娠している人で感染した場合は担当医とよく相談してください。


クラミジア感染症

クラミジア症状〜女性の場合最初に子宮頚管部粘膜(膣の奥、子宮の入り口)に感染します。感染の性交渉後1-4週間で,膣の分泌物,頻尿,排尿時や性交時の痛み,骨盤痛が起きることがありますが,症状が気づかないケースがかなり多いです。

女性の感染者の3人に2人までが、自覚症状はありません。
18歳から19歳の女性の10人に1人がクラミジアに感染しているといわれています。

女性への感染の場合、性行為などにより男性の精液等とともに膣に排出され、膣と子宮を結ぶ子宮頸管という子宮の入口部分に感染します。すると、感染後1〜3週間で子宮頸管炎をおこし、速やかに子宮を経て腹腔内(おなかの中)に感染が広がり、子宮内膜炎、卵管炎、骨盤腹膜炎、肝周囲炎などをおこします。おりものの増加や不正出血、下腹部痛などの症状がありますが、大半の人は症状を自覚しないまま病気が進行してしまうことが多いと言われています。

クラミジア感染症 痛み 症状 原因 治療

特に女性の場合クラミジアが恐ろしいのは、症状に気がつかずに放置していると不妊症の原因である卵管狭窄症、卵管閉塞症を発症し、卵管周囲癒着なども起こしやすく、将来取り返しがつかない事態にまでなり、大変後悔することも少なからずあるということです。

妊娠中にかかると胎児に感染をおこすこともあります。

自覚症状がなくても少なくとも1年に1回の検査をお勧めします。

【膣炎症状】
クラミジア感染により、膣内の抵抗力が下がって他の菌に感染しやすくなり膣炎の症状が起こります。膣炎の症状は性器のかゆみやにおいがきつくなる、膣の分泌物(おりもの)の汚れなどです。膣粘膜に炎症が起こっていますから、性行為で痛む(性交痛)という症状も初期にはよくあります。

【子宮頸管炎症状】
おりものと不正性器出血が症状としてあらわれる。しかし、この段階では下腹部などで痛みを感じることは少なく、自覚症状を伴わないことが多い。白色の水っぽい膿がおりものとして出てきます。

【子宮内膜炎症状】
主な症状は下腹部の痛み、生理痛 、不正出血で流産の原因にもなります。

【子宮付属器炎症状】
クラミジアに感染して比較的早い時期に症状のでることが多い。
下腹部に軽い痛みがあり子宮頸管炎の症状を伴うことが多い。

【骨盤腹膜炎症状】
下腹部の痛み、性交時に痛みを強く感じるようになる。

【肝周囲炎症状】
上腹部に激しい痛みを感じるようになる。

女性の感染者の3人に2人までが、自覚症状はありません。18歳から19歳の女性の10人に1人がクラミジアに感染しているといわれています。少しでも疑われる場合は早目に検査して、感染の有無を確認しましょう。将来、不妊症などで大変悔やむこともありえます。

>>> 性病・がんの検査キット買うなら【みんなのクリニック】




バルトリン腺膿瘍(せんのうよう)

◆バルトリン腺膿瘍とは◆

腟の出口の下方の「バルトリン腺」にばい菌が入って、膿がたまった状態です。
バルトリン腺というのは、性交時に潤滑油のはたらきをする粘液を分泌する器官のことです。

腫れと痛みが主な自覚症状で、腫れている場所を見れば診断はつきます。
軽度な場合は抗生物質を飲むだけで治療できますが、重症な場合は腫れている部分を針で刺したり、小さく切って中の膿を出すことになります。
また、たびたび再発する場合は、膿がたまる袋を取り除く手術が必要なケースもあります。

◆バルトリン腺膿瘍の原因と経過◆

バルトリン腺から分泌液を排泄する開口部が、膣の入り口の左右にあります。
この開口部に細菌が感染し、化膿するのが原因です。

原因菌の多くは大腸菌やブドウ球菌、連鎖球菌などの一般化膿菌ですが、淋菌によっても起こる場合があります。

バルトリン腺炎が起こると、開口部が詰まることで分泌液がスムーズに排泄できなくなります。その結果、腺内に粘液がたまった嚢胞(のうほう)作られる場合もあります。

これをバルトリン腺嚢腫(のうしゅ)と言い、放置すると徐々に大きくなって、小指の先大から鶏卵大の大きなしこりになります。

バルトリン腺膿瘍(のうよう)に進むと、嚢胞内で細菌が繁殖することで、内部の液は膿(うみ)となり、皮膚も真っ赤に腫れ上がります。

◆バルトリン腺膿瘍の症状◆

膣の入り口の一部が赤く球状に腫れ、熱感や痛みをともないます。
圧迫される痛みは強くなり、腫れが大きくなると歩いたり座ったりするのが困難になる場合もあります。

しこりは急速に増大し、発熱したり、激しい痛みが生じます。

そのまま放置するといずれ嚢(ふくろ)は破れ、排膿されて一時的に治癒した状態になります。

◆バルトリン腺膿瘍の治療◆

バルトリン腺炎の段階では、抗生剤の投与だけで症状がおさまることが多いようです。

治療を効果的にするためには、炎症を起こした細菌を検査によって特定するのが良いのですが、実際には検査の結果がでる前に抗生剤の投与を始めます。

バルトリン腺膿瘍に発展し、痛みが強い場合には、局所麻酔をして、切開排膿します。排膿しただけで痛みは軽減するものです。

小さいものはそのままに放置しておいても差し支えありませんが、あまり大きいものや、再発を繰り返す場合は、摘出手術が必要となります。


◆バルトリン腺膿瘍の予防◆

感染を防ぐのがポインとなります。
尿や便中の細菌から感染することも多いのでトイレではお尻は前から後ろに向かってふきましょう。

性交前に手や外陰部を清潔にし、膣内を十分に潤った状態にするのも重要なことです。


萎縮性腟炎

◆萎縮性膣炎とは◆

卵巣の働きが衰え、エストロゲンの低下で腟の自浄作用が衰えることにより、膣粘膜が萎縮し、膣に炎症が起こることです。
閉経後にみられることから、老人性腟炎とも呼ばれます。

膣粘膜に斑状出血、びらん、潰瘍、痛み、血性帯下、性交時出血、性交痛、血尿などの症状があります。
治療法はエストロゲンと抗生剤を併用します。

◆萎縮性膣炎の特徴◆

閉経後、更年期以降の女性に多くみられることから、以前は老人性膣炎と呼ばれていました。

更年期や閉経後になると卵巣の機能が急激に衰え、卵胞ホルモンの分泌が減少していきます。それにつれて卵巣や子宮とともに膣の粘膜も萎縮して薄くなっていきます。
そのため、膣にうるおいがなくなると同時に膣の自浄作用が弱まります。
軽い刺激でも傷がついたり、雑菌に感染しやすくなったりするのです。

このような現象は卵巣を取った場合にもおきます。
子宮がんや膣がん、外陰がんと症状が似ています。特に血が混じったおりものがみられた場合は、癌かどうかを調べる必要があります。

◆症状◆

見た目ですぐに診断がつきます。
まず、おりものが増えます。とくに出血性の淡いピンクや茶褐色がかったおりものがみられることもあります。
次に、外陰部のかゆみのほか、性交時に痛みを感じたり、出血したりすることもあります。
腟の伸び縮みが悪くなって潤いがなくなるため、ちょっとした刺激で痛みを感じたり出血を起こします。

◆治療◆

腟内に出血があるかどうかを婦人科の内診で確認し、卵胞ホルモンや黄体ホルモンの測定を行った上で最終的な治療方針を決めていきます。

膣の自浄作用を高め、弱った粘膜を回復るために、卵胞ホルモン剤の服用と膣座薬とを併用します。
性交痛がある時は腟ゼリーの使用でかなり軽減されるでしょう。

短期間で症状が改善することもありますが、治療が長期になることもあります。長期間にわたってホルモン剤を服用する場合には、服用前と服用して半年くらいに子宮がん、スクリーニング、肝機能などの検査を行います

腟の自浄作用が低下した状態なので、清潔と通気には十分に注意を払います。石鹸を使って洗うと刺激が強すぎますので、お湯で洗う程度にしておくとよいでしょう。


細菌性腟炎・カンジダ腟炎

【細菌性膣炎について】


◆細菌性膣炎とは◆

ガルドネレラ膣炎とか非特異的膣炎といわれていたものです。
膣炎の症状はあるのですが、原因がよくわからない場合があります。

ガルドネレラという名の細菌は、性交渉により感染することが多いのですが、男性のでは通常症状が全くみられません。

赤くなったり、痒みのあることはまれです。灰色または黄色の水っぽいおりものがあり、魚のような生臭い悪臭があります。

◆細菌性膣炎の原因◆

ガルドネレラという名の細菌が膣内で異常に増殖するのが原因となりますが、どのような場合に起こるのかは、よく分かっていません。
性交経験がなくてもなることがあります

◆細菌性膣炎の症状と治療◆

おりものが増えたり痒みが出たりしますが、抵抗力がしっかりあれば、自然に治ることもあります。おりものの検査で診断し治療は細菌の対する薬を腟内に入れます。


【カンジダ症について】


カンジダ属の真菌(カビの一種)によっておき、性行為による感染のみとは限りません。もともと体内にある菌が、体調を崩すなどの何かの原因で色々な症状を引き起こします。
出産時の産道感染もあります。

性器カンジダ症が一般的ですが、カンジダ菌そのものは口腔内に存在するとも言われています。
乳幼児や老年者が免疫力の低下した場合に、口腔カンジダ症やカンジダ性口内炎を起こすケースがあります。

女性に特有の疾患で、男性に症状がでることはほとんど見られないようです。

◆カンジダ症の原因◆

身体にかかわる要因としては⇒ 月経、妊娠、糖尿病、薬の使用(抗生物質・ピル・ステロイドホルモン・抗がん剤) 、免疫不全(免疫抑制剤の使用)などがあげられます。

性器周辺の要因としては⇒不潔・多汗、通気性の悪い下着、性行為、おりものシートなど生理用品使用による蒸れ、強い刺激のある洗浄剤の使用、膣洗浄器(ビデ)の過度の使用、ステロイド外用剤の濫用などがあります。

注⇒性行為が性器カンジダ症の要因の中にありますが、全体の中で性行為による割合は5%程度と大変低く、性器カンジダ症は通常、性感染症には含まれていません。

◆カンジダ症の症状◆

主な症状としては次のようなものがあげられます。
・外陰部や膣など、性器および性器周辺のヒリヒリとした痛みやかゆみ
・皮膚が赤くなる炎症
・白いヨーグルト状や酒粕(さけかす)状のおりものなど
・性器の炎症(熱くなるような感じ、痛み)
・性交時の痛み
・排尿痛や排尿障害

膣と外陰部に同時に症状が現れることが多く、別名  外陰膣カンジダ症とも言われます。

風邪、疲労、ストレス等が原因で免疫力が低下した時や、ステロイド剤、抗生物質を乱用した場合や妊娠中などに症状が出ることがあります。
中には再発を繰り返すケースもあります。

◆性器カンジダ症の治療

一般的な注意としては、性器を清潔に保つこと、刺激性石けんの使用禁止、通気性のよい下着の使用、症状がある場合は性行為を控えること、などが
あげられます。
病院では、約1週間の治療を行って効果を判定します。
その後、効果が不十分な場合は、追加治療も検討します。
一般的な治療としては、毎日通院して膣内洗浄と膣錠か膣坐薬の挿入をおこないますが、週1回の通院による膣内洗浄と、治療薬だけですむ治療方法もあります。

治療薬としては膣錠、膣坐薬、軟膏、クリーム、経口錠(飲み薬)などがあり、
膣錠、膣坐薬としては、エンペシド膣錠フロリード、アデスタンG100、オキナゾールV100などイミダゾール系の抗真菌薬を使用します。



Page: 1

TOPPAGE  TOP 
  • SEO
  • loading
  • 婦人科病気・疾患と性交痛の原因
RSS2.0