婦人病・婦人科病気とその症状、原因、治療について解説します。 女性特有のがん、腫瘍については早期発見、早期治療すれば完治する病気が多いのです。女医さんのいる婦人科情報も掲載中。

性交痛はなぜ起こるのでしょう?

◆無料資料請求はこちらから
>>> 女性のための入院保険「フェミニーヌ」
保険で安心を手に入れるだけでなく、うれしくなりたい方へ
3年ごとのボーナスのボーナスがうれしい女性のための入院保険です。3年ごとに15万円のボーナスをあなたはどう使う?ボーナスは入院してもしなくても必ずもらえます。

>>> 生理痛改善パーフェクトプログラム 子宮内膜症 卵巣のう腫にもよく効く「続木和子式」マニュアル
>>> 子宮頸がんが増えてます、そのリスクとは スポンサードリンク

性交痛はなぜ起こるのでしょう?
SEXでペニスを挿入した際に感じる痛みを「性交痛」といいます。

通常女性は性的興奮を受けるとバルトリン腺から分泌液が出て、腟内の潤滑油の役目をします。しかし、性的興奮が不十分でペニスを挿入しますと分泌液が不十分で、潤滑の役目をしていないので擦れて性交痛を感じるのです。

痛みを大きく分けると
1)外陰部(腟口も含む)に起きる表面的な痛み

2)内臓に圧力がかかることで骨盤内の深部が痛む

ケース等があります。さらに痛みの度合いも鈍い痛み(疼痛)、焼けつくような痛み、鋭い痛み、締めつけるような痛みなどもあります。

したがって、セックスの時に膣の入り口あたりに痛みがある場合はたいてい病的ではないケースが多いのであまり心配することはないでしょう。しかし、特に2)のような症状の場合は、中には婦人系の疾患や感染症が潜んでいるケースもありますので注意が必要です。

出産を経験した女性は主に産後〜1年ぐらいの期間、膣内や子宮の回復がうまくいかないことが原因で痛むことがあります。それ以上長期の場合は精神的なダメージなどが原因で起こることが多いようです。

性交痛を痛みの起きる場所で大まかに分類することもできます。例えば性器周辺の痛み、膣奥の痛み膣内の痛みという分け方もあります。性交痛の原因としては、処女膜や外陰炎や膣口の傷によるもの、膣分泌液の不足、膣痙、膣や子宮の奇形、女性疾患の子宮内膜症、閉経によるもの、性感染症などがあげられます。

若い女性の性交痛は回数が原因の場合もあります。また、月に1回、あるいは年に数回程度の回数しかセックスをしない場合も、初体験に近い感覚ですので、痛むこともあります。

出産を経験した女性は主に産後〜1年ぐらいの期間、膣内や子宮の回復がうまくいかないことが原因で痛むことがあります。それ以上長期の場合は精神的なダメージなどが原因で起こることが多いようです。

このような性交痛を感じた場合無理をせずに、パートナーに率直に痛みを伝えることも重要です。

スポンサードリンク

関連記事

  1. 骨盤内腹膜炎が痛みの原因のケース
  2. 性交痛の症状には病気が潜むケースもあります
  3. 濡れない性交痛は更年期症状がでているときもあります
  4. 性交痛はトラブルの原因にもなります

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 性交痛はなぜ起こるのでしょう?

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://goowill.net/mtos/mt-tb.cgi/2

コメントをどうぞ







TOPPAGE  TOP 
  • SEO
  • loading
  • 婦人科病気・疾患と性交痛の原因
RSS2.0