婦人病・婦人科病気とその症状、原因、治療について解説します。 女性特有のがん、腫瘍については早期発見、早期治療すれば完治する病気が多いのです。女医さんのいる婦人科情報も掲載中。

子宮内膜症が原因であるケース

◆無料資料請求はこちらから
>>> 女性のための入院保険「フェミニーヌ」
保険で安心を手に入れるだけでなく、うれしくなりたい方へ
3年ごとのボーナスのボーナスがうれしい女性のための入院保険です。3年ごとに15万円のボーナスをあなたはどう使う?ボーナスは入院してもしなくても必ずもらえます。

>>> 生理痛改善パーフェクトプログラム 子宮内膜症 卵巣のう腫にもよく効く「続木和子式」マニュアル
>>> 子宮頸がんが増えてます、そのリスクとは スポンサードリンク

婦人科疾患が性交痛の原因として考えられるものとして子宮内膜症があります。

【症状】
よくある自覚症状としては、激しい月経痛や下腹痛(慢性骨盤痛)、不正出血、排便痛・性交痛などの引きつれるような痛みがあります。

初期には疼痛は月経時のみですが、症状が進行すると月経とは無関係に現れて、日常生活にも著しく影響して、就労や就学にも障害が増えていきます。

子宮内膜症 痛み 症状 原因 治療

【発症のメカニズム】
子宮の内側の粘膜は月経の時には出血しながらはがれて、排卵された卵子ともに体外に流れていきます。子宮内膜症とは、子宮の中以外の場所に子宮の粘膜と同じ組織細胞があることで、月経のたびにそこで出血が生じる婦人科疾患です。

簡単に言えば本来子宮内膜は自分の身体の中(=子宮の内腔)にあるものが、あるべき場所でない所にもそれが存在するという疾患ということになります。

出血の場所は、子宮の外側、子宮筋肉の内部、卵巣内部、直腸のまわりなどで生じます。月経血が卵管を通過、腹腔内に逆流、移植する等が原因とされてますが明確な原因はまだ充分には解明されてません。

子宮内膜症が悪化すると、癒着などが生じ、不妊症や卵巣嚢腫(らんそうのうしゅ)の原因になることもあります。

診断は超音波検査やMRIで行いますが、子宮内膜症という確定には腹腔鏡検査が必要です。


【問題は?】
婦人科の疾患の中でも子宮内膜症は一般的な病気とも言えます。子宮内膜症が一番多いのは30代の女性です。ただし20代くらいからも症状には充分に注意が必要といえます。 
ある調査によると月経のある女性のうち10人に1人は子宮内膜症とも言われています。

この症状の中心には「痛み」がある(生理痛、性交痛など)という点が最も問題といえます。子宮内膜症が原因となってあらわれる症状は意外と多岐にわたります。

さらに子宮内膜症は不妊症の原因にもなりうるということも、大きな問題の一つといえるでしょう。

【治療法】
治療方法には主にピルや黄体ホルモン療法などの薬物治療と手術があります。最近では患者数も急増中でかつ若年化しています。昭和40年代に比較しても患者数は3倍にも増えています。

子宮内膜症は女性ホルモン(エストロゲン)依存性の疾患です。そのため月経がある数が多ければ多いほど(妊娠・出産が減少、初潮年齢が早いほど)発育するといいます。

さらに環境ホルモン(ダイオキシン)の影響も疑われてます。(ダイオキシンは女性ホルモンと似た働きがある)

スポンサードリンク

関連記事

  1. 子宮筋腫が痛みの原因のケース
  2. Žq‹{ŠïŒ`‚Æ‚Í
  3. 子宮体癌(がん)とは
  4. 子宮頸がん(癌)とは
  5. 子宮内膜ポリープ
  6. 子宮頚管ポリープとは
  7. 子宮腺筋症
  8. Žq‹{“à–Œ‰Š

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 子宮内膜症が原因であるケース

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://goowill.net/mtos/mt-tb.cgi/15


TOPPAGE  TOP 
  • SEO
  • loading
  • 婦人科病気・疾患と性交痛の原因
RSS2.0