婦人病・婦人科病気とその症状、原因、治療について解説します。 女性特有のがん、腫瘍については早期発見、早期治療すれば完治する病気が多いのです。女医さんのいる婦人科情報も掲載中。

子宮頸がん(癌)とは

◆無料資料請求はこちらから
>>> 女性のための入院保険「フェミニーヌ」
保険で安心を手に入れるだけでなく、うれしくなりたい方へ
3年ごとのボーナスのボーナスがうれしい女性のための入院保険です。3年ごとに15万円のボーナスをあなたはどう使う?ボーナスは入院してもしなくても必ずもらえます。

>>> 生理痛改善パーフェクトプログラム 子宮内膜症 卵巣のう腫にもよく効く「続木和子式」マニュアル
>>> 子宮頸がんが増えてます、そのリスクとは スポンサードリンク

子宮がんはできる場所によって、子宮頸部にできる子宮頸がん と子宮体部にできる子宮体がんに分けられます。

子宮頸がんとは、簡単に言うと子宮の出口の癌です。
20代の女性がかかる癌の種類では一番多い癌です。セックスの低年齢化により、若い人に増えているのが特徴です。最近では仁科亜希子さんが子宮頸がん検査のPRで啓蒙されてますが、検診率が低い(20%)ことが問題となっています。

1年間で約16000人が新たにこの癌になっています。毎年2600人も子宮がんで死亡しています。
(1日に7人が死亡)
診断は子宮頸がん検診、あるいは郵送検査を受けるしかありません。治療は癌の進み具合により異なります。

早めに見つけることが出来れば子宮摘出などの悲しいこと にならずにすみますので、定期的に検査することが大切です。

>>> 郵送検診でできる子宮頸がん検査の詳しくはこちら

子宮頸癌(けいがん) 痛み 症状 原因 治療


◆子宮頸がんの特徴◆
子宮頸部(子宮の入口の部分)に発生する扁平上皮がんの一種です。
子宮の内部にできる子宮体がんとは、原因も種類も異なる。

子宮頸がんが他のがんと大きく異なるのは、がんになる前に発見できるということです。年に1回程度の検査により、早い内に発見、治療を行うことで、ほぼ確実に完治し、その後の妊娠、出産も可能となります。

◆子宮頸がんの原因◆
高リスク型HPV(ヒト・パピローマウイルス)という、ウイルスが原因です。高リスク型HPVは、性交渉によって感染します。正常に免疫力が働いている場合は、感染しても排除できるが、何らかの原因によって排除できなくなると、子宮頸がんへ進行する危険性が高まります。

◆ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染経路◆
性交渉により感染します。性交経験があれば誰でも感染の可能性があります。性交経験者の50〜80%は、少なくとも一度はHPVに感染していると考えられています。

◆子宮頸ガンの症状◆
初期の段階では目にみえないガンであるため、無症状です。
次の段階からは、性交後の出血、おりものの増量、不正出血などの症状が現れてきます。。
段階が進むと、不正出血に加え、腰痛、背部痛が出現する場合もあります。
また、子宮頸がんの周囲臓器への浸潤や遠隔臓器へ転移すると、痛みに加え、排尿障害、足のむくみなどの症状があらわれます。

◆治療◆
癌の進み具合により手術や放射線治療や化学療法が必要になる場合と、レーザー蒸散・円錐切除のみで済む場合に分かれます。

◆はじめての方でも簡単で確実、【子宮頸がん郵送検査
医師の直接採取と変わらない成績で自己採取
これで病院にいって恥ずかしい思いをしなくても大丈夫!
>>> 郵送検診でできる子宮頸がん検査の詳しくはこちら

スポンサードリンク

関連記事

  1. 子宮筋腫が痛みの原因のケース
  2. Žq‹{ŠïŒ`‚Æ‚Í
  3. 子宮体癌(がん)とは
  4. 子宮内膜ポリープ
  5. 子宮頚管ポリープとは
  6. 子宮腺筋症
  7. 子宮内膜症が原因であるケース
  8. Žq‹{“à–Œ‰Š

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 子宮頸がん(癌)とは

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://goowill.net/mtos/mt-tb.cgi/19


TOPPAGE  TOP 
  • SEO
  • loading
  • 婦人科病気・疾患と性交痛の原因
RSS2.0