婦人病・婦人科病気とその症状、原因、治療について解説します。 女性特有のがん、腫瘍については早期発見、早期治療すれば完治する病気が多いのです。女医さんのいる婦人科情報も掲載中。

卵巣チョコレートのう腫

◆無料資料請求はこちらから
>>> 女性のための入院保険「フェミニーヌ」
保険で安心を手に入れるだけでなく、うれしくなりたい方へ
3年ごとのボーナスのボーナスがうれしい女性のための入院保険です。3年ごとに15万円のボーナスをあなたはどう使う?ボーナスは入院してもしなくても必ずもらえます。

>>> 生理痛改善パーフェクトプログラム 子宮内膜症 卵巣のう腫にもよく効く「続木和子式」マニュアル
>>> 子宮頸がんが増えてます、そのリスクとは スポンサードリンク

婦人科系の病気のなかで、比較的聞き慣れない「卵巣チョコレートのう腫」についてお話します。。

◆チョコレートのう腫とは◆
子宮内膜症の1つで、卵巣内に起こるものです。
子宮内膜症が卵巣にできると、卵巣の中で古い血液がたまってチョコレートのう腫になります。
卵巣内に子宮内膜組織が発生し、卵巣は嚢腫状となり、嚢内には古くなった月経性血液が溜まります。その血液がチョコレート状になり卵巣が腫れるのです。

子宮内膜症は月経がある25〜44歳の女性のうちの10〜15%にみられます。
近年は晩産・未産の人が多い傾向のため、20代後半から30代の女性に増えてきています
診断方法は普通の卵巣のう腫と同じ画像診断で、治療は薬物療法と手術療法があります。

◆チョコレートのう腫の原因◆

病気になる原因としては、以下にあげたように食生活や免疫が深く関係していると考えられます。

☆脂っこいもの、高たんぱく、野菜不足 の食事⇒血液をどろどろにします。

☆睡眠不足、深夜まで起きている生活の場合⇒免疫の生まれ変わりは10時〜2時の4時間が多いので、その時間帯に起きていると免疫が下がると思われます。

☆冷え性⇒生理前におなかが冷たくなる、下痢、靴下をはかないと眠れない、などこれらの冷えの症状を抱える方のほとんど。冷えの部分は免疫が上がりにくい。

☆ストレス⇒ストレスは免疫を低下させます。精神的な負担を抱えていたり、くよくよして落ち込みやすかったり、責任感があって頑張り過ぎる。幼い時に厳しく育てられた事で常に緊張感がある、などの場合。

◆チョコレートのう腫の症状◆

過多月経による貧血。
激しい下腹痛、腰痛など月経困難症。
卵巣が肥大を起こして周辺の臓器を圧迫したり、癒着を起こしたりします。
不妊。 などが主な症状です。

◆チョコレートのう腫の治療◆

まずホルモン療法で治療を行って、効果がない場合には手術療法を行います。

手術療法には卵巣を取り除く場合と温存療法、嚢腫核出術などがあります。基準としては5センチ以上になっている場合、手術となります。

卵巣が腫れている場合は 病院で検査をして、複数の医師から手術を勧められた場合は、手術をするといった方法が良いようです。
何よりも定期的にチェックに行く事が大切です。

スポンサードリンク

関連記事

  1. 多嚢胞性卵巣症候群
  2. —‘‘ƒŽîᇂƂÍ
  3. —‘‘ƒ‚ª‚ñ‚Æ‚Í
  4. —‘ŠÇ‰Š‚Æ‚Í
  5. 卵管水腫
  6. —‘‘ƒ‚ª‚ñ
  7. 卵巣出血
  8. —‘‘ƒ‚Ì‚¤Žî

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 卵巣チョコレートのう腫

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://goowill.net/mtos/mt-tb.cgi/29


TOPPAGE  TOP 
  • SEO
  • loading
  • 婦人科病気・疾患と性交痛の原因
RSS2.0