婦人病・婦人科病気とその症状、原因、治療について解説します。 女性特有のがん、腫瘍については早期発見、早期治療すれば完治する病気が多いのです。女医さんのいる婦人科情報も掲載中。

濡れない性交痛は更年期症状がでているときもあります

◆無料資料請求はこちらから
>>> 女性のための入院保険「フェミニーヌ」
保険で安心を手に入れるだけでなく、うれしくなりたい方へ
3年ごとのボーナスのボーナスがうれしい女性のための入院保険です。3年ごとに15万円のボーナスをあなたはどう使う?ボーナスは入院してもしなくても必ずもらえます。

>>> 生理痛改善パーフェクトプログラム 子宮内膜症 卵巣のう腫にもよく効く「続木和子式」マニュアル
>>> 子宮頸がんが増えてます、そのリスクとは スポンサードリンク

更年期に現れる性交痛はエストロゲンというホルモンの減少により、肌や粘膜などが正常に保てなくなり、膣が乾燥するために生じます。

性交痛のみの改善には、弱いホルモン剤で作ったエストロゲンの膣剤をおすすめします。

膣粘膜がもろくなり膣が濡れにくくなりますので、少しの摩擦でも出血し、簡単に炎症が起るため、細菌に感染するケースもあります。

改善方法として、不足したエストロゲンを補充するホルモン治療があります。
この治療は性交痛のみならずその外の更年期症状や、高血圧・高コレステロール・骨粗鬆症などにも効果があります。

女性ホルモンであるエストロゲンが欠乏してくると、45〜55歳くらいの時期に更年期症状が現れることがありますが、この症状は人によってさまざまな経過をたどりますので、不快な症状も人によって様々です。

また腟の乾燥による性交痛があるケースでは、内腟用の市販されている潤滑剤が有効である場合もあります。性生活を中断するよりも継続することが、腟や周囲の組織の血行をより促進させて組織の柔軟性を維持できるので、性交痛を和らげる効果も期待されます。

ケーゲル体操も排尿の制御に役立ちます。(ケーゲル体操とは骨盤底筋を鍛える効果があります) ケーゲル体操は骨盤の筋肉を引き締める運動のことで、尿を途中で止めるときのようにする運動です。

性交痛は我慢しつづけると、腟の筋肉が無意識に収縮する場合もでてきます。膣の筋肉が収縮することにより、痛みがさらに増すケースもありますので性交痛は我慢しないことが肝要です。

そのような場合には、迷わず潤滑ゼリーやローションの使用をお勧めします。女性だけが痛い性行為を我慢しているのはやはり問題でしょう。

痛みをずっと抱えたままの性行為は、さらに辛く大変な苦痛へと変わっていく懸念もあります。このままではだんだんと性欲も低下、精神的にも不感症の体質となることも少なくありません。

スポンサードリンク

関連記事

  1. 骨盤内腹膜炎が痛みの原因のケース
  2. 性交痛の症状には病気が潜むケースもあります
  3. 性交痛はトラブルの原因にもなります
  4. 性交痛はなぜ起こるのでしょう?

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 濡れない性交痛は更年期症状がでているときもあります

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://goowill.net/mtos/mt-tb.cgi/4

コメントをどうぞ







TOPPAGE  TOP 
  • SEO
  • loading
  • 婦人科病気・疾患と性交痛の原因
RSS2.0