婦人病・婦人科病気とその症状、原因、治療について解説します。 女性特有のがん、腫瘍については早期発見、早期治療すれば完治する病気が多いのです。女医さんのいる婦人科情報も掲載中。

クラミジア感染症

◆無料資料請求はこちらから
>>> 女性のための入院保険「フェミニーヌ」
保険で安心を手に入れるだけでなく、うれしくなりたい方へ
3年ごとのボーナスのボーナスがうれしい女性のための入院保険です。3年ごとに15万円のボーナスをあなたはどう使う?ボーナスは入院してもしなくても必ずもらえます。

>>> 生理痛改善パーフェクトプログラム 子宮内膜症 卵巣のう腫にもよく効く「続木和子式」マニュアル
>>> 子宮頸がんが増えてます、そのリスクとは スポンサードリンク

クラミジア症状〜女性の場合最初に子宮頚管部粘膜(膣の奥、子宮の入り口)に感染します。感染の性交渉後1-4週間で,膣の分泌物,頻尿,排尿時や性交時の痛み,骨盤痛が起きることがありますが,症状が気づかないケースがかなり多いです。

女性の感染者の3人に2人までが、自覚症状はありません。
18歳から19歳の女性の10人に1人がクラミジアに感染しているといわれています。

女性への感染の場合、性行為などにより男性の精液等とともに膣に排出され、膣と子宮を結ぶ子宮頸管という子宮の入口部分に感染します。すると、感染後1〜3週間で子宮頸管炎をおこし、速やかに子宮を経て腹腔内(おなかの中)に感染が広がり、子宮内膜炎、卵管炎、骨盤腹膜炎、肝周囲炎などをおこします。おりものの増加や不正出血、下腹部痛などの症状がありますが、大半の人は症状を自覚しないまま病気が進行してしまうことが多いと言われています。

クラミジア感染症 痛み 症状 原因 治療

特に女性の場合クラミジアが恐ろしいのは、症状に気がつかずに放置していると不妊症の原因である卵管狭窄症、卵管閉塞症を発症し、卵管周囲癒着なども起こしやすく、将来取り返しがつかない事態にまでなり、大変後悔することも少なからずあるということです。

妊娠中にかかると胎児に感染をおこすこともあります。

自覚症状がなくても少なくとも1年に1回の検査をお勧めします。

【膣炎症状】
クラミジア感染により、膣内の抵抗力が下がって他の菌に感染しやすくなり膣炎の症状が起こります。膣炎の症状は性器のかゆみやにおいがきつくなる、膣の分泌物(おりもの)の汚れなどです。膣粘膜に炎症が起こっていますから、性行為で痛む(性交痛)という症状も初期にはよくあります。

【子宮頸管炎症状】
おりものと不正性器出血が症状としてあらわれる。しかし、この段階では下腹部などで痛みを感じることは少なく、自覚症状を伴わないことが多い。白色の水っぽい膿がおりものとして出てきます。

【子宮内膜炎症状】
主な症状は下腹部の痛み、生理痛 、不正出血で流産の原因にもなります。

【子宮付属器炎症状】
クラミジアに感染して比較的早い時期に症状のでることが多い。
下腹部に軽い痛みがあり子宮頸管炎の症状を伴うことが多い。

【骨盤腹膜炎症状】
下腹部の痛み、性交時に痛みを強く感じるようになる。

【肝周囲炎症状】
上腹部に激しい痛みを感じるようになる。

女性の感染者の3人に2人までが、自覚症状はありません。18歳から19歳の女性の10人に1人がクラミジアに感染しているといわれています。少しでも疑われる場合は早目に検査して、感染の有無を確認しましょう。将来、不妊症などで大変悔やむこともありえます。

>>> 性病・がんの検査キット買うなら【みんなのクリニック】



スポンサードリンク

関連記事

  1. —Ò•a
  2. –Ñ‚¶‚ç‚Ý
  3. ƒgƒŠƒRƒ‚ƒiƒXäT‰Š
  4. 尖圭(せんけい)コンジローマ
  5. 性器ヘルペス
  6. バルトリン腺膿瘍(せんのうよう)
  7. 萎縮性腟炎
  8. 細菌性腟炎・カンジダ腟炎

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: クラミジア感染症

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://goowill.net/mtos/mt-tb.cgi/36


TOPPAGE  TOP 
  • SEO
  • loading
  • 婦人科病気・疾患と性交痛の原因
RSS2.0