婦人病・婦人科病気とその症状、原因、治療について解説します。 女性特有のがん、腫瘍については早期発見、早期治療すれば完治する病気が多いのです。女医さんのいる婦人科情報も掲載中。

尖圭(せんけい)コンジローマ

◆無料資料請求はこちらから
>>> 女性のための入院保険「フェミニーヌ」
保険で安心を手に入れるだけでなく、うれしくなりたい方へ
3年ごとのボーナスのボーナスがうれしい女性のための入院保険です。3年ごとに15万円のボーナスをあなたはどう使う?ボーナスは入院してもしなくても必ずもらえます。

>>> 生理痛改善パーフェクトプログラム 子宮内膜症 卵巣のう腫にもよく効く「続木和子式」マニュアル
>>> 子宮頸がんが増えてます、そのリスクとは スポンサードリンク

尖形コンジローマは男性、女性ともに感染後,数週間から2〜3か月を経て,同じような症状が出ます。

うすピンク色または茶色のニワトリのトサカ状(カリフラワー状)か乳頭状(おわんを伏せた形)のイボ状の小腫瘍がたくさんできます。軽い痛みやかゆみがある場合もありますが、自覚症状はほとんどありません。

1)感染の仕方
主にセックス、アナルセックス、フェラチオなどにより感染しますが、皮ふの傷口から感染することもあります。良性の「ヒトパピローマウイルス」が感染源となっています。

2)症状の出る場所

 (男性)
  陰茎、亀頭、包皮の内側、陰のう など
  肛門内や肛門周辺、尿道口にできることもあります。


・ 陰茎亀頭・冠状溝・包皮・大小陰唇・肛門周囲等の性器周辺部にイボ状の小腫瘍が
たくさんできます。

・ 放っておくと、増殖してカリフラワーのようなかたまりになる。
・ 自覚症状はほとんどなく、イボが大きくなったころに不快感を覚える程度。
・ 進行して炎症を起こすと、痛み、かゆみ、性交痛、排尿痛がでることもある。

 (女性)
  大小陰唇、膣前庭、膣、子宮頸部 など
  肛門内や肛門周辺、尿道口にできることもあります。

また、男女の肛門内や肛門周辺、尿道口以外で、まれに口唇・口腔内にもできることがあります。進行するとイボは徐々に大きくなり、数も増えていきます。

3)尖形コンジローマ、ヒトパピローマウイルス、子宮頸がん・・・その関係は?
最近若い女性に増えていると言われる「子宮頸がん」は、悪性型の「ヒトパピローマウイルス」が原因のひとつと考えられています。

子宮頸がんへの変化の可能性があり、早期発見に対処することが重要です。コンジローマは「ヒトパピローマウイルス」が感染源となっています。これには良性と悪性がありコンジローマは良性です。ただし、「ヒトパピローマウイルス」の感染に加え遺伝体質、喫煙、ストレスなどが重なって将来子宮頸がん に細胞変化する可能性がありますので普段から婦人科で定期検診を受けてチェックしておくとよいでしょう。

Ref) >> ◆尖形コンジローマ、ヒトパピローマウイルス、子宮頸がん・・・その関係は?

4)治療
表面のイボを取り除くことしかできず、再発する可能性が高いSTD(性感染症)です。

*イボを取り除く手術方法
   ・外科的切除
   ・凍結療法
   ・電気焼灼(しょうしゃく)
   ・レーザー蒸散(じょうさん)    などの方法があります。

【参考】 フォアダイスとは

尖形コンジローマとよく間違えられる似た症状で「フォアダイス」というものもありますが、
こちらはSTDや病気ではありません。

主に男性のペニスに症状が見られます。
女性の小陰唇に見られることもあります。
頬(ほほ)の内側の粘膜に見られることもあります。


主な症状
・イボやブツブツのようなもの
・陰茎(俗称さお)の部分で、皮ふなどの下にある脂肪の粒が透けて見える。
・亀頭部の冠状溝(俗称 カリ)部分を取り囲むように黄白色の細かい粒が一列に並ぶ。
・包皮小帯(俗称裏スジ)の亀頭の付け根に小さなイボのようなものができる。

(見分け方)
素人目には結構見分け方が難しいです。

尖形コンジローマの外見は、イボの先端がニワトリのトサカ状で、表面がなめらかでなく、大きさはまちまちです。

フォアダイスの外見は、表面がなめらかで大きさは小さく、粒がそろっています。

スポンサードリンク

関連記事

  1. —Ò•a
  2. –Ñ‚¶‚ç‚Ý
  3. ƒgƒŠƒRƒ‚ƒiƒXäT‰Š
  4. 性器ヘルペス
  5. クラミジア感染症
  6. バルトリン腺膿瘍(せんのうよう)
  7. 萎縮性腟炎
  8. 細菌性腟炎・カンジダ腟炎

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 尖圭(せんけい)コンジローマ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://goowill.net/mtos/mt-tb.cgi/38


TOPPAGE  TOP 
  • SEO
  • loading
  • 婦人科病気・疾患と性交痛の原因
RSS2.0