婦人病・婦人科病気とその症状、原因、治療について解説します。 女性特有のがん、腫瘍については早期発見、早期治療すれば完治する病気が多いのです。女医さんのいる婦人科情報も掲載中。

早発閉経とは

◆無料資料請求はこちらから
>>> 女性のための入院保険「フェミニーヌ」
保険で安心を手に入れるだけでなく、うれしくなりたい方へ
3年ごとのボーナスのボーナスがうれしい女性のための入院保険です。3年ごとに15万円のボーナスをあなたはどう使う?ボーナスは入院してもしなくても必ずもらえます。

>>> 生理痛改善パーフェクトプログラム 子宮内膜症 卵巣のう腫にもよく効く「続木和子式」マニュアル
>>> 子宮頸がんが増えてます、そのリスクとは スポンサードリンク

日本では40歳以下の女性で閉経してしまうことを『早発閉経』と呼んでいます。

30代で卵巣の機能がなくなって『更年期障害』が現れた場合これは『早発閉経』ということになります。

遺伝や病気によって起こると言われてきましたが、最近では無理なダイエット、過度のストレス、疲労などとの因果関係もわかってきています。

早発閉経かどうかの診断は血液検査で調べることができます。


☆早発閉経の原因
更年期障害は『出なくなった女性ホルモンを無理に出させようとして体が混乱すること』でおこります。

更年期でなくても、過度のストレス、ダイエット、疲労、激しい運動、不規則な生活、喫煙などによって
月経不順が起こり、ホルモンのバランスが崩れるとが原因で、更年期に似た症状(早発閉経)が
起こるということなのです。

さらに女性ホルモンの指令中枢がある脳下垂体や視床下部は、外部からの刺激を受けやすい
デリケートな場所なので、ちょっとしたストレスが原因ですぐに影響を受けやすいのです。


☆早発閉経の予防

規則正しい生活が一番重要です。

バランスの良い食事をとることも大切です。
ビタミンEは血流を改善したり、女性ホルモンの分泌を整える作用があるといわれているので
積極的に取り入れましょう。
ナッツ類や青魚(さばなど)に多く含まれているほか、サプリメントもあります。

運動することで血流が良くなりますし、ストレス解消にもなりますので、週2〜3回は是非体を
動かすようにしてみてください。
ウオ―キング、水泳、お散歩などがいいと思います。

ストレス解消のため、リラックスする方法を見つけましょう。お風呂で半身浴、アロマテラピー、
友達とのおしゃべり、適度に体を動かすストレッチなど、色々ありますね。
自分に合った方法でリフレッシュしてくださいね。

スポンサードリンク

関連記事

  1. 冷え性
  2. 高プロラクチン血症とは
  3. 生理痛
  4. 月経困難症とは
  5. 生理がない・生理不順の原因と診断

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 早発閉経とは

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://goowill.net/mtos/mt-tb.cgi/54


TOPPAGE  TOP 
  • SEO
  • loading
  • 婦人科病気・疾患と性交痛の原因
RSS2.0