婦人病・婦人科病気とその症状、原因、治療について解説します。 女性特有のがん、腫瘍については早期発見、早期治療すれば完治する病気が多いのです。女医さんのいる婦人科情報も掲載中。

乳腺症とは

◆無料資料請求はこちらから
>>> 女性のための入院保険「フェミニーヌ」
保険で安心を手に入れるだけでなく、うれしくなりたい方へ
3年ごとのボーナスのボーナスがうれしい女性のための入院保険です。3年ごとに15万円のボーナスをあなたはどう使う?ボーナスは入院してもしなくても必ずもらえます。

>>> 生理痛改善パーフェクトプログラム 子宮内膜症 卵巣のう腫にもよく効く「続木和子式」マニュアル
>>> 子宮頸がんが増えてます、そのリスクとは スポンサードリンク

乳腺症は乳腺の良性疾患で、乳腺疾患の中で最も多いものです。
30代〜40代の女性によくみられます。ガンと違って、顕微鏡で組織を見たときに悪性所見がないのが特徴です。

乳腺異形成、乳腺炎などの乳腺の変化を総称していいます。
発生率は全女性の約60%とされています。


☆乳腺症の症状
乳腺のしこり、痛み、乳頭分泌などごあります。
左右共に症状が現れたり、片側のみのこともあります。

『生理前に痛む』といったことがよくあります。
また乳腺症の分泌物は白い透明なもので、量はあまり多くないです。

この症状は、健康的な乳房でもよくみられます。


☆乳腺症の原因
エストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンがありますが、このふたつのバランスが崩れてしまい、エストロゲンが過剰になることが原因です。

30歳〜50歳の女性によくみられ、閉経後の女性ではまれな病気です。
遺伝性や、動物性脂肪のとりすぎなど食生活にも影響されます。


☆乳腺症の対処法
ホルモンバランスを正常に戻すようにすることが一番です。
ストレスをためないことも大事なことです。

ワイヤー入りのブラジャーで乳房を固定するとで痛みが楽になることもあります。

脂肪の多い食事やカフェインを控えるとよいでしょう。

痛みがひどい場合は痛み止めを使用したり、それでもだめな場合はホルモン療法を行います。


☆乳腺症の治療

痛みの症状が強い場合、治療を行います。経口避妊薬を処方することで症状を軽減することがよくあります。

重症例の場合、、ダナゾール(ある種の合成アンドロゲン)を用いることがあります。
重症になる前に、予防として乳腺の自己健診が重要です。

スポンサードリンク

関連記事

  1. 乳腺線維腺腫とは
  2. “û‘B‰Š‚Æ‚Í
  3. “û‚ª‚ñ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 乳腺症とは

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://goowill.net/mtos/mt-tb.cgi/58


TOPPAGE  TOP 
  • SEO
  • loading
  • 婦人科病気・疾患と性交痛の原因
RSS2.0