婦人病・婦人科病気とその症状、原因、治療について解説します。 女性特有のがん、腫瘍については早期発見、早期治療すれば完治する病気が多いのです。女医さんのいる婦人科情報も掲載中。

乳腺線維腺腫とは

◆無料資料請求はこちらから
>>> 女性のための入院保険「フェミニーヌ」
保険で安心を手に入れるだけでなく、うれしくなりたい方へ
3年ごとのボーナスのボーナスがうれしい女性のための入院保険です。3年ごとに15万円のボーナスをあなたはどう使う?ボーナスは入院してもしなくても必ずもらえます。

>>> 生理痛改善パーフェクトプログラム 子宮内膜症 卵巣のう腫にもよく効く「続木和子式」マニュアル
>>> 子宮頸がんが増えてます、そのリスクとは スポンサードリンク

乳腺線維腺腫とは、あまり聞きなれない名前ですが、乳腺の良性腫瘍のひとつです。

乳房内の線維組織と乳腺が増殖し、形成される良性の腫瘍を乳腺線維腺腫といいます

乳がんと紛らわしいものですが、20〜30代の若い女性に多く見られ、初潮後の10代の方でもあります。

その他にははのう胞(液体のたまった袋)、葉状腫瘍(線維腺腫の一種ですが、ちょっと悪性に近い)
などもあります。


☆乳腺線維腺腫の原因

原因はまだよくわかっていません。
妊娠すると大きくなったり、あるいは閉経すると小さくなったりするので、女性ホルモンとの関係が
あるようです。


☆乳腺線維腺腫の症状
痛みはなく、1〜2cmのしこりができることが多いです。
乳房の中でつるっとしたしこりがころころと動きます。余談ですが、
良性の腫瘍は癒着がないのでつるつる動くことが多いのです。

若い女性によく見られ、多くは1〜3センチ位の球状のしこり、または卵状のしこりに成長します。

表面はなめらかで、しこりの形もはっきりしており、触れると皮膚の下でころころよく動くのが特徴です。

痛みは特にありません。

なお、乳腺線維腺腫は徐々に大きくなりますが、線維腺腫とよく似たしこりが急に大きくなるような
場合は、乳腺葉状腫瘍が疑われます。

この乳腺葉状腫瘍もほとんどは良性ですが、ときに悪性化する場合もあります。


☆乳腺線維腺腫の治療

小さくて明らかに良性のようなら経過観察でOKです。
まれに急激に大きくなることもあり、乳がんと区別が難しい時は細胞をとって調べます。しこりを
切除することもあります。

年齢的に若くて、しこりも小さいうちは、特別な治療の必要はありません。定期的に通院しながら、
経過を観察していきます。

しこりが大きくなれば手術して摘出しますが、この手術は通院でも行うことができ、傷跡もほとんど
わからなくなります。

摘出手術は局所麻酔をかけて皮膚を数センチ切開し、しこりを取り出すというごく簡単なもので、
通常は10〜20分で終了します。

乳腺線維腺腫は良性の腫瘍なのでほとんど転移することはありませんが、まれに、再度同じ所に
しこりができる人もいます。

スポンサードリンク

関連記事

  1. 乳腺症とは
  2. “û‘B‰Š‚Æ‚Í
  3. “û‚ª‚ñ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 乳腺線維腺腫とは

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://goowill.net/mtos/mt-tb.cgi/59


TOPPAGE  TOP 
  • SEO
  • loading
  • 婦人科病気・疾患と性交痛の原因
RSS2.0