婦人病・婦人科病気とその症状、原因、治療について解説します。 女性特有のがん、腫瘍については早期発見、早期治療すれば完治する病気が多いのです。女医さんのいる婦人科情報も掲載中。

子宮筋腫が痛みの原因のケース

◆無料資料請求はこちらから
>>> 女性のための入院保険「フェミニーヌ」
保険で安心を手に入れるだけでなく、うれしくなりたい方へ
3年ごとのボーナスのボーナスがうれしい女性のための入院保険です。3年ごとに15万円のボーナスをあなたはどう使う?ボーナスは入院してもしなくても必ずもらえます。

>>> 生理痛改善パーフェクトプログラム 子宮内膜症 卵巣のう腫にもよく効く「続木和子式」マニュアル
>>> 子宮頸がんが増えてます、そのリスクとは スポンサードリンク

子宮筋腫とは子宮の筋肉の壁に腫瘤(しゅりゅう;こぶのこと)ができることをいいます。子宮の良性の「こぶ」です。

通常は20歳以下の若い女性にはほとんどできませんが、30〜40歳代になりますと増えてきて、40再前後がピークになります。小さいものも含めれば、30歳以上の女性の子宮筋腫の割合は約30%程度見つかるほどメジャーな病気ともいえます。

【発生場所】
筋腫の種類はは阿世の場所によって3種類に分類されます。

1.粘膜下筋腫
子宮の内側にできるものです。月経過多などの症状はおおきくでますが、サイズはそれほど大きくなりません。

2.筋層内筋腫
月経過多や月経痛などの症状はでますが、子宮の筋肉内に発生するものです。

3.しょう膜下筋腫
自覚症状はそれほどありませんが、サイズは大きくなることもあります。子宮の外側にできる筋腫です。

【症状】
この疾患の特長は急激な痛みや苦痛はなく、こまかい変調がいろいろ(月経過多、生理痛、頻尿、便秘、貧血など)現れるので普段の生活でのチェックが大切になります。

大きいものは触っただけで判別できますが、通常は超音波検査で診断します。
治療が必要なケースはそのうちの一部ですが、多くの場合は症状に気がつかないです。

とくに30歳代後半以降の方は以下の症状があるようですと、子宮筋腫を疑ってまずは医療機関の受診をオススメします。

子宮筋腫 痛み 症状 原因 治療

1.月経過多、月経痛
2.貧血
3.頻尿・便秘
4.流産
5.不妊
6.その他〜無症状
  *子宮の外側にできたときは無症状のことも多くあります。

【原因】
子宮筋腫が発生する原因についてはまだよく解明されていません。子宮筋腫の発生には女性ホルモンの分泌が密接に関係していると推定されています。その理由としてはこの疾患が初潮前と閉経後の女性には発生しないことがあげられます。

女性ホルモンの分泌が少なくなる更年期をむかえると、子宮筋腫はそれほど大きくなりませんし、新規に発生するということもありません。筋腫が小さいケースでは、さらに小さくなって消失することもあります。

【治療】
治療は漢方やピルによる薬物治療や手術がメインで行われます。
最近では筋腫に栄養を供給している血管を詰まらせたり、高周波の超音波を筋腫に当てて小さくしたりする最新医療も行われています。


◆子宮筋腫は病気です。備えあれば憂いなし女性なら誰でもなりうる病気、子宮筋腫。現在では30代の女性が子宮筋腫と診断されるケースも多いそうです。いざという時のために、子宮筋腫に対応した入院保険を検討しておくと良いと思います。管理人も実際、保険に入っています。
>>> その保険はコチラ・・・「友達が子宮筋腫と診断されて私も心配に・・・」

スポンサードリンク

関連記事

  1. Žq‹{ŠïŒ`‚Æ‚Í
  2. 子宮体癌(がん)とは
  3. 子宮頸がん(癌)とは
  4. 子宮内膜ポリープ
  5. 子宮頚管ポリープとは
  6. 子宮腺筋症
  7. 子宮内膜症が原因であるケース
  8. Žq‹{“à–Œ‰Š

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 子宮筋腫が痛みの原因のケース

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://goowill.net/mtos/mt-tb.cgi/61


TOPPAGE  TOP 
  • SEO
  • loading
  • 婦人科病気・疾患と性交痛の原因
RSS2.0